アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プエルトガレラ サバンビーチからバタンガス〜マニラへ戻る

2016年2月15日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。


5日間 滞在したサバンビーチともオサラバして
振り出しのマニラへ戻るとする。後半は扇風機の風の

当たり過ぎか、連日のプール遊びで冷えたのか風邪をひき
いつもの喉痛は、さほど支障はなかったのだが身体が

だるく、ぼーっとした症状が辛かったが、幸いにも
食欲はあったので、食べるものは取り、出歩くのも

最小限に控え、まる二日間は休息、睡眠に徹したおかげで
思いのほか、回復が早く自分なりに驚いたくらいだった。


20160220202622c21.jpeg


当日は当初、9:15分のバンカーボートでバタンガスまで
戻る予定でいたが、前日は風邪による倦怠感から

19:00には寝床に入ったおかげで午前4:00に眼が覚める始末
その時間から9:15までは退屈で待てないだろうと

前倒しの7:45分のバンカーボートに変更した。
それだけ身体が回復した証拠で、まだまだ辛ければ

逆に遅らすだろうと自分なりに自己診断、ありがたい事だ。
サバンビーチからバタンガスまでのバンカーボートは230ペソ 575円
バランガイなんちゃら10ペソ 25円 ターミナルフィ 10ペソ 25円


20160220202701527.jpeg


7:45→8:15分と遅延で出発。。港まで見送りに来て
くださった太田氏に感謝と別れを言いバンカーに乗り込んだ。

バタンガス港 9:20分着 歩いて直ぐのバス乗り場へ
バタンガスからは、パサイ行きのバスが待機しており

それに乗り込む。新しい発見なのだが、バタンガスの
バス乗り場にダスマリニャス「パラパラ行き」のVANが

出てるようで、スタッフがダスマ、パラパラと呼び込みを
していた。(自分用のメモとしてここに記しておく)
セレスライナー社 バタンガス 9:45分発 128ペソ 320円


20160220202705eba.jpeg


バタンガスからのバスはハイウェイを降りてマニラ市内へ入り
Gil Puyat Stationの下の道(ネモトレストランの前の大通り)に

折れてから大渋滞に捕まり、思わずここで降りてしまおうか
迷ったが、耐えてネモトレストラン前まで乗り続け下車して

歩くこと15分、ハリソンロードでキアポ方面のジプニーを
拾ってエルミタの定宿、サントスペンションへたどり着いた。


2016022020270361d.jpeg


ああ懐かしき、我が貧民宿のサントス。。
昼勤のスタッフは僕を見ると、「お〜〜 てる。。」

ウエルカム サントスペンションと高級ホテルでもないのに
名前まで呼んでくれての歓迎を受けるのであった。


20160220202622ceb.jpeg


サントス ペンションHOUSE
ファン コモントイレ 565ペソ 1400円

ファン バス トイレ付き 695ペソ 1730円
エアコン トイレ シャワー 975ペソ 2430円

円安に加え値上げラッシュの我が定宿である。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。