アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン マニラからセブパシフィック航空でタイ バンコクへ向かう。

2016年2月17日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



さてフィリピンを離れてタイ バンコクへ向かう。
最寄りのペドロヒル駅から高架鉄道でEDSAへその後は

ジプニーを乗り継ぎマニラ ターミナル3にアプローチ
毎度の事ながら空港には相当、早く到着した。


20160221160249fac.jpeg






20160221160247b07.jpeg


今回のバンコクまでのフライトは込み込みの5400円
1/20以降のプチ円高が、もう少し早ければ5000円だっただろう。

もちろんマニラ ターミナル3で払う出国税 ターミナル使用料も
この中に含まれており、セブパシフィックはオールインワンを

売りにしているだけに最初に公示されるインパクトが強い
最低料金はジェットスターの方が上だがジェットスターは
あとから色々と手数料が上乗せされるので後味が悪い。


20160221160250981.jpeg


搭乗口は毎度ながらころころ変更され21:25分に離陸

ほぼ定刻で出発したバンコク行きは、満員御礼であった。


2016022116031507f.jpeg


LCCであってもドムアン空港着ではない23:50→23:40

定刻より10分ほど早くタイ バンコク スワナープ空港に到着した。


20160221160317c4f.jpeg


到着後の毎度の行事である、現地シムの調達であるが
日付も変わった深夜にあるにも関わらず列が出来ている。
さすが24時間空港だけに各地から到着しているのであろう


20160221160316ece.jpeg


携帯電話 スマートフォンに入れるシムのプランであるが
いつもどおり30日間 使い放題で、ネット回線のスピードによる

様ようなプランが選択出来るが主に使うのがブログの更新で
重い画像もあるが動画等はあげない、見ないなので
849バーツのプランでいつも事足りている。


20160221160317849.jpeg


現地シムの調達後はフードコートで軽い食事をして
朝一番のエアポートリンク(空港 高架鉄道)の始発

5:57分 エアポートシティリンク(安い方)の改札が
始まるまでの寝床 空港泊スペースの確保に歩いたが
地下1階のエアポートリンクへの連絡通路付近に

コンビニ・カフェ・軽食の店がある周辺にくつろげそうな
スペースが見つかる。長椅子があり一見、良さげに思える

スペースもあるが照明が暗く、貴重品の安全上に
問題がありそうなので、寝づらくでも明るい場所を選ぼう。。






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。