アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スワンナプーム空港からホアランポーン駅 (ステーションホテル)

2016年2月18日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



空港泊であろうが身体を伸ばせるのが良いよね。。
ここんところ飛行機では一睡も出来ないのに

地べたであろうが、ところ構わず寝れちゃう。
路上生活の素質があるのは喜ぶべき事なのかどうか。。


201602221924297b7.jpeg


そんな訳からエアポートリンク(安い方のシティリンク)の
始発が5:57分なので1時間ほど前には自然に目が覚め

親亀バックから貴重品の詰まった子亀バック(ディパック)を
取り出して荷物の詰め替え作業を終えて改札口に向かうと

同じように空港泊をしていたケチ臭そうな連中がわんさか
まるで社会人の出勤のごとく1番電車目指してチケット販売気に

群がっているなか僕は、列の少ない券売機を見つけ
チケット購入して足早にホームへ降りて我先にと並ぶ。

5:57分発 35バーツ 108円で市内へ行けちゃう便利で安い
エアポートリンクは6:18分にはマッカサン駅に到着
ここから地下鉄に乗り換えてホラッポン中央駅まで行く。

『終点のパヤタイ駅まで乗り通して下を通るバス道で
29番バスを拾ってホアランポーン駅まで行く方が安い。』


20160226100840be9.jpeg





201602221931201a4.jpeg


ホアランポーン駅前食堂、滞在中は何度もお世話になる食堂だ
近くのコンビニで氷を失敬し(金出せよ ^_^;)
夜の呑みにも重宝する食堂でもある。


20160226100840559.jpeg


宿の裏通りも庶民的な街並みで安飯屋から

テイクアウト専門の屋台までと揃ってる便利さ


20160222193118c93.jpeg


小汚い食堂に挟まれた脇を入ると、これまた小汚いステーションホテルのレセプションが現れる。
ホアランポーン駅前に立地するだけに、たいそうな

名称だが漢字名では「集成 大旅社」と呼ばれる商人宿であり
実際、私の前の部屋では仕入れて来た商品の箱詰め作業が
家族総出で行われていた。


201602221930413e6.jpeg


iphoneのパノラマ画像で解像度を高くしているため
すっきりとした、こましな部屋に見えるが実際は

自分がVシネマの悪の主人公になり海外逃亡している
雰囲気が楽しめ、これはこれで、慣れてしまうと

カオサン通りの異常にノリの良すぎる欧米人がたむろする
宿などに足が向かなくなってしまうほどだ


20160222193042195.jpeg


実際、いつも泊まってるカオサン界隈でゲストハウスを
経営しているLINE・Facebook 繋がりのPOPくんの

宿を今回はスルーしちゃったくらいなんだから困ったもんだ
なんと言っても昔ながらの旅社タイプだけに間取りが

広いのが利点である。ファン トイレ シャワー 痰壺付き
280バーツ 860円はフィリピン マニラと比べてもお得だ
安心してください暑い季節は450バーツでエアコン部屋もあるよ。







関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。