アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ パチュアップキリカン 安宿 インティラゲストHOUSE

2016年2月22日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



20160229190835187.jpeg


(左側 青い点 GPSが当たっているところ)

バンコクからの列車は到着したものの
この駅で下車したのは数組の欧米人 老夫婦だけだ

お天道様も真上でギラギラと下界を焼き尽くす
昼下がりのパチュアップキリカン駅前通り、ネコの子一匹も

歩いていない静まりようだと表現したいところだが
ミャンマー人が2人、顔に日焼け止めのタナカを塗りたぐり

脳天気に歩いていた。大都会から流れて来た身には街の
程よい規模と言い静けさと言いひと目で気に入ったようだ。


20160224181013d95.jpeg


直射日光を避け、重たいバックパックを背負った
場違いな日本人は駅から徒歩数分の場末の木賃宿
インティラゲストHOUSEを目指す。


201602241810138ff.jpeg


駅前通りには、ただ一軒、昼が過ぎたと言うのに
客足が途絶えない人気の麺屋がある。不思議と

どこの街にも1軒はあるものだ。人気の麺屋
宿が決まれば荷物を置いて、お昼はここで麺でも食べよう


2016022418101202c.jpeg


iphoneに入ってるGoogle Mapを頼りに駅から10分と
掛からぬインティラゲストHOUSEに到着した。

表通りから見て看板が有るのか無いのか分からぬ
申告逃れでもやらかしてるのでは無かろうかと勘ぐっちゃう


20160226091439559.jpeg


宿の前に置かれたくつろぎスペース
夕方からスコッチのソーダ割を作り
ここで人の往来を見て呑み始めるのであった。


2016022609144174f.jpeg


宿の前には小汚い割に客入りがいい食堂がある。まさか毎朝
ここで食べ、しかも新しい朝食のレパートリーが増えるなんて
この時は思いもしなかった。人も食堂も外観で判断すべきではない。


201602260955381da.jpeg


20160301131354d00.jpeg


このスープとご飯の組み合わせが、今回ここで食べてから
すっかりとタイでの朝食、鉄板メニューに加わった。

毎度の朝食メニューである「カオ トム ムーサン」と比べ
栄養価も高そうだし。朝から元気に動き回れるほど

腹持ちはいい。あっさり目のスープにモツと豚バラ肉
ミンチが入っていて青野菜も入って40バーツ 120円ほど


20160226101519411.jpeg


ここに来るまでの朝食 鉄板メニューである「カオ トム ムーサン」


20160225115733594.jpeg




201603011303111e1.jpeg



宿にいる言葉の通じない叔母さんにご飯をねだる宿のネコ

(Phot by iphone 6)


2016022418094279a.jpeg


安いだけに部屋はそれなりだが1階の角部屋って事で
明るく、それにいつも言ってるが1階に部屋をとると

屋根からの熱波が遮断されてるので涼しいのである。
昔は二階の方が眺めが良いやらレセプションに共同スペース

から離れ、静かで良いもんと思い込んでいたがアジアの日中の
太陽は、そんな甘っちょろいものでは無いのだ。


20160224180945237.jpeg


そんな訳から外出して部屋に戻って来た時など
一瞬、エアコンでも付けていたかと錯覚するほど快適だ

部屋代はエアコン使わずって条件で1泊 280バーツ 860円
もうひと声って粘って250バーツ 770円にしてもらった。

1週間でもこれ以上はディスカウントはダメらしいが
ローシーズンなら200バーツにはなると思いますよ

なかなか陽気でかしましい叔母さん2人と言葉の通じぬ
ミャンマー人スタッフの3人でやりくりされてるので気に
入って貰えれば、何かと面倒見は良いはずだ

冷蔵庫にはペットボトルに詰め替えられた冷えた水が
いつでも無料で飲める。安ければ良いって人はどんと来い!




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。