アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ パチュアップキリカン 街歩き

2016年2月24日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



20160301131355540.jpeg


20160301131354d00.jpeg


(今朝もしっかりとスタミナ朝食をとってますよ)


ここパチュアップキリカンってところは欧米人の
リタイア組が目立つんだけど、タイには珍しく1人もんに

夫婦連れ、いわゆる同郷の老夫婦ってやつですね。
若い連中には、静か過ぎて合わないのか、あまり見かけない
2日くらいでいなくなっちゃう観光客を見ないんだから


20160225113039a9d.jpeg


同じリタイア、年金組が目立つパタヤと違って
現地妻?連れたような外国人は今、現在では見ていない。

町中を歩いてもパタヤのような飲み屋にBAR街は皆無だ
もちろんカラオケの類の店も無い。そんな理由から見た限り
健全で静かな漁村、港町が今なお保たれているのだろう。


201602251131017ae.jpeg


大通りから一歩、奥へ入ると昔ながらの漁村の木造家屋が
今なお多く残っている。ここパチュアップキリカンの少し

手前にはホアヒンってお気に入りの街があるんだが
今は有名になり過ぎて観光客でごった返している。

中国人もわんさか押し寄せ賑やかなこと。。
それを差し引いてもホアヒンなりの良い所もあって
近くだから、たぶん帰りにでも寄るんだろうけど。。


20160225113040308.jpeg


毎日、日課の町歩きをしていて、ふと思うのだが
数十年前の同じ港町ホアヒンってこんなんだったんだろうと

思わせる面影・木造建築が濃く残ってる地区がある。
観光地同様にレンタルバイクも200バーツで借りれるんだけど
今んところはまだ借りずに汗をかきながら歩きまわっている。


201602251131027bf.jpeg


だいいち、騒がしくない欧米人の老夫婦が多いだけに
街の人たち、商店の人たち、食堂の人たちと

観光ズレしてないところが、なんと言ってもいい
今では風化してしまった微笑みの国 タイって言う
フレーズが残ってるように感じられた。


20160225113103e1d.jpeg


いい街に巡り逢えたものだ。。

まだまだ 沈没だな。。。






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。