アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ パチュアップキリカンからバンコク〜ピサヌロークへ

2016年3月1日〜2日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



20160302083245697.jpeg


さて、沈没・長尻していたパチュアップキリカン
(青い点GPS)から北部 ピサヌロークヘ 一路
800㎞をVANとバスを利用して一気に移動しようと思う。


201603011057232a4.jpeg


ここから、ピサヌロークへ移動に関して二つの選択で
どうしたものかと考えた事があり、それとは移動手段の

交通機関は決まっていたのだがパチュアップキリカンから
先ずはバンコクのモチットマイ(北バスターミナル)へ

それからバスに乗り換えてピサヌロークに向かうのだが
早朝にパチュアップキリカンを出発してバンコクには

お昼に到着するであろうから、直ぐに乗り換えて
ピサヌロークへ行けば夕方には着くと言う案と


201603020809151a7.jpeg


要は明るいうちに1日で一気にピサヌロークへ行くか?
それとも夕方にパチュアップキリカンを出発して
夜にバンコクへ着き、その日の夜行バスでピサヌロークへ

早い話が、昼間に景色を見もって目的地へ行くか夜行バスを
利用して宿代を浮かせて早朝に到着するかの二択である。


20160302080850d15.jpeg


悩んだ末に現役老体バックパッカーの血が騒ぎ
1泊の宿代を浮かすために夜行バスを選択した。

おおよその計画でパチュアップキリカンを15:40分の
ロットウ(VAN)220バーツ 660円に乗ろうと思うので

当日はチェツクアウト後は宿に荷物を預けといて
借りっぱなしの自転車でぶらぶらしもって時間を潰した。


2016030208091709d.jpeg


パチュアップキリカンを出たロットウはホアヒンの
バイパスを通らず近道でバンコクへ向かうのは承知である

昨年にスラタニからのバスをホアヒンに寄るがために
途中で降りた懐かしい道路脇も確認した。

ロットウ(VAN)は経験済みだが、今回のドライバーも
飛ばしまくりで19:50にはビクトリーモニュメント着
その後は20:05にバンコク 北バスターミナルに到着した。


201603020808529a9.jpeg


相変わらず迷路のようなバスターミナル内を
チケット売り場を目指してうろうろさせられた。

ピサヌローク行きは24:00に405バーツ 1215円であり
これなら早朝5時にピサヌロークへ着くので都合は良いが
宿代が浮いたとは言い難い料金で、聞くとVIPバスである。


201603020809194aa.jpeg


ピサヌロークまでの5時間の移動にVIPバスは必要無いので
他の便をあたると22:30に262バーツ 790円の二等バスがあるらしい

即答で決めたものの、22:30に出るとピサヌロークには
夜中の3:30に着くではないか! まあ何とかなるだろう


20160302080853264.jpeg


262バーツの二等バスで有ろうが最近はバス会社同士の
客取り競争が激しいのか、弁当にお水、ジュースにスナックまで

サービスで付いてくるおもてなしで、十分満足である。
強いて言えば椅子が硬くLCC同様に狭いのが気になるかな。。


20160302080918096.jpeg


タイのバスもロットウ(VAN)同様に飛ばすのと
深夜の交通量の少ないのも加わり30分近くも早着で

3:05にはピサヌローク バスターミナルに着いた。
北へ上がったからか早朝なのか涼しくターミナルで

寝てる人たちは掛け布団をまとって寝ている。
さてこれから夜が明けて来るまでここで待つとしようと


20160302082902630.jpeg


昨年に行った南インドでは同じよう夜中にバスから
出され蒸し暑いは蚊がいっぱい飛んでるやらで閉口したが

それから思えば全然、苦にならないレベルである。
やはり旅行しやすい国、タイである!







関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。