アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ ピサヌローク駅構内 仏様 プラクルアン お守り

2016年3月2日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



201603011057232a4.jpeg


ピサヌローク駅では、他の駅では見られないほどの
風変わりな屋台が毎日、ホームの一部に立つ

それは、タイ人が好む首からぶら下げた小さな仏様
(タイ語でプラクルアン・アムレット・英語でラッキーチャーム)

日本語ではお守りと訳せばいいのだろう。。
駅は宿から数分で行けるので、朝から屋台が立つものだから

朝食を食べに行くついでに寄ってみようと出かけてみた。
駅前では懐かしいミゼットのトゥクトゥクが出迎えてくれる。


2016030323282572a.jpeg


タイ人が常日頃、首からぶら下げている小さな仏様の
ペンダント(お守り)いろいろなお寺で出土した

小さな仏様で日本にも昔、あったような懐中仏の
ような物と、ご利益などの用途が違うので
ひっくるめて良いものか疑問ですが


20160303232823f25.jpeg




20160304224359670.jpeg


その中でも特に有名かつ、ありがたい仏様で
ベンジャパキと呼ばれるコレクターアイテムがあり

そのひとつがここピサヌロークで出土したものであるだけに
プラクルアン熱は他のどこの地域より地元の皆さんは
ルーペ片手になかなか熱そうですね


20160303232826ef8.jpeg


そのベンジャパギのひとつが、プラ・ナーンパヤーと
呼ばれる3角形の物で仏像の台座は無いお守りがある

それだけにここの人たちは日頃からこのお守りに
熱中する人が多く、タイでも珍しいと言い切れるほどの
お守り屋台がピサヌローク駅構内に朝から市がたつ


20160303232759c5b.jpeg




20160304223412317.jpeg




201603042239183f1.jpeg


タイ国鉄は現在も本数が少なく日本のように通勤通学では
利用されていないのでラッシュアワーなどがないだけに
問題ないんだろうが、一部、駅としての機能が失われている。


201603051113587a3.jpeg


出土された当時の参考画像は WAT RAT BURANA に展示されていた。


201603051103248e4.jpeg




20160305110325415.jpeg


プラクルアンはお寺の境内に埋められてたのを掘り起こし
出土させた時は、このような形で出てくるんですね

チェンマイやランプーンなどは1000年以上も前の
プラクルアンが出土された仏様は高級乗用車と変わらぬ

価格で取引され、今や投資目的で収集されてる方も多いと
聞かされた。タイの仏教に対する文化に驚いた。


20160303232800eaf.jpeg


観光地に足が向かない、変わり者の旅人には
こんな過ごし方も良いかなと街ぶらついでに
ローカルなところに顔を出してる日々です。




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。