アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピサヌロークから LOEI ルーイへ ルーイ安宿

2016年3月6日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



ピサヌロークは宿代が200バーツ 620円とコスパだったので

当初2泊程度で移動のつもりが4泊してしまった。


20160306234606a15.jpeg


(GPSの青い点が LOEI)

いつも旅仲間・越冬仲間と話すと決まって出てくる言葉は
移動するほど高くつく、気に入れば1ヶ月でも居ればいいんだよ

性格上、そこまでの長尻・沈没は出来ないが
言ってる事はまっとうなので、いつもそうだねと

返事する意外は持ち合わせてないのだが、それが
出来る人は常日頃から羨ましいと思っている。


20160306201056cdc.jpeg


そんな訳から出発日は9:30のLOEI 行きバスに間に合う

ように宿の前から出てるソンテウでバスターミナルへ向かった。


20160306201120996.jpeg


ピサヌローク到着日は30分かけてこのバスターミナルから
ピサヌローク駅前通りの宿まで歩いて、昨日はと言うと

LOEI 行きのバス時刻を確認のために往復歩いている。
ターミナル前には懐かしいミゼット型のトゥクトゥクが
現役の姿で(エンジンは載せ替えられてるだろう)待機していた。


20160306201122885.jpeg


LOEI 経由ウドンターニ行きのバスに乗車する。
9:30発で134バーツ 次は12:00までなくて午後は
走ってなく夜の22:00代に1本ある。日に3本のダイヤ


20160306201123a65.jpeg


道中、山に上って行くにつれ左右の大きなカーブで
車体は大きく傾斜し、車酔いする乗客も出始める。

13:25珍しくほぼ定刻でLOEIに到着。
ここから市内?アプローチがわからず、バイタクの

ドライバーに予算は200バーツの宿に40バーツで
行く事で交渉が成り立ち向かうが10分ほどで到着


20160306201124c2f.jpeg


Sarai Thong Hotel

名前は立派だが、ただの安宿である


20160306201056930.jpeg


旅社タイプの間取りで天井が高く、そのうえ1階なので
エアコンが効いてるのと錯覚するくらい部屋は涼しい

常日頃から言ってるように部屋は低層階に取るのが
間違いないのを、ここでも納得した次第である。


20160306201056b9e.jpeg


ファン・トイレ・シャワー TV付き(何故か音が出ない)

220バーツ 680円


2016030623460354c.jpeg



☆印 二ヶ所が安宿である。








関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。