アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ チェンカン 木造建築通り散策

2016年3月10日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



2016031010535880f.jpeg


青いGPSの点がメコン川沿いに栄えたチェンカン


2016031010540048e.jpeg


チェンカンでの宿泊地、チェンカンゲストハウス前の
メインストリートと呼ばれるメコン川沿いの遊歩道から1本
街中へ入った歴史地区と呼ぶのか、その通りを歩いてみた。


20160311135157c0f.jpeg


前項にも書いたように、ガイドブックを持たずに旅を
しているので、移動中はもっぱら人様のブログやら
フォートラベルと呼ばれる紀行文を頼る事もある。


20160311141524446.jpeg




20160311135119764.jpeg


観光地には興味を示さないものの、タイに限らず

いろんな国へ行ったら建造物だけには取り分け目がない


20160311135117fb7.jpeg


そんなおり、見つけたチェンカン紀行ブログに
書かれた一章に、チェンカンは古い木造家屋が残っている

通りがあり、昭和を感じさせるとの一行に目がとまり
なにぶん昭和と言う響きに敏感なだけに訪れたわけだ。


20160311135115817.jpeg




20160311141524db8.jpeg


その紀行文には金沢の街を思い起こさせるとも書かれ
やって来たが、既に観光地化されておりリフォームされた

建物が多く、1階がお土産屋になってるどこにでも
ありがちな歴史通りに成り果てていて残念である。


201603111351557b5.jpeg





20160311135157f3a.jpeg


もともと古都でもなんでもないチェンカンに観光客が
押し寄せようが、建物がリフォームされようが

マイペンライ(気にしない)タイ人気質なだけに
こういう風景も都会生活で疲れたタイ人には
癒しの材料になるのだろう。。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。