アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ チェンカン 朝の托鉢

2016年3月10日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



信心深い人が多い仏教国タイ、日本にいようが外国にいようが
日頃から早寝早起きだけが習慣になってるので

チェンカンでも托鉢するお坊さんに会うことができた。
托鉢の時間は、だいたい朝6時から8時頃まで、とのことだ


201603111811151a2.jpeg


宿の前のメインストリートで托鉢などしてるとは知らずに
朝靄に燻るメコン川なんぞ見ながら起きがけのコーヒーなど
飲んでいたら出会えなかった事である。

(経文が唱えられる間、お願いごとを祈ります)


20160311181040d98.jpeg





201603111810436a8.jpeg


以下。。。 アジア、タイ仏教徒の本より抜粋
仏教の戒律で、お坊さんは貨幣に触れることが禁じられており

自分の所有物を持たない修行の身とされている生活に
必要な最低限のものを人々からの施しに頼って
生活するわけで、お坊さんは、基本的に毎朝、托鉢にまわり


201603111810425a3.jpeg


托鉢するお坊さんに対して、信者がお供え物を捧げるのが
タンブン(タイ語で徳を積むという意味)

輪廻転生を信じているタイの人達は、お坊さんに喜捨寄進し
徳を積むことで自分や家族のより良い来世を願うそうだ


201603111810436a8.jpeg


さすがタイだけに信心深いシーズー犬である。

お坊さんにいったい何をお祈りしてるのだろう。


20160311181116a22.jpeg


タンブンを行う頻度は人それぞれで、毎日の人もいれば
気分が優れない時、悪運が続く時、誕生日の時
などなどに行う人もいるそうである。






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。