アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオス ヴィエンチャン 安宿 ゲストハウス

2016年3月14日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



タイ側 ノンカイから乗り込んだ国際バスは両国の
イミグレーションをステップbyステップで通過して
ラオスの首都 ビエンチャンへと到着した。

確か記憶が定かなら、降ろされたとこはタラート・サオと
呼ばれる市場と国内移動のバスターミナルがあるところだ


20160315114803a03.jpeg


停留所にはたくさんのトゥクトゥクやタクシー
その他、ホテルの斡旋やらが待ち構えており

それを振り切りってゲストハウスが集まる地域を目指した。
記憶が確かなら20分も歩けばゲストハウス街に着くだろう

歩きながら、幾度となしに通行人に方角が間違ってないか
尋ね持ってのアプローチはアジアではデフォルトである。


2016031511480016a.jpeg





2016031511480347e.jpeg


なんとなく、それらしき通りに近づいて来たのか
ゲストハウスに欧米人が好むカフェなどが見え出した。

ネットで見た安宿を2軒ほど回っただろうか、あいにく
情報があまりにも古かったのか部屋代がかなり値上げ

されており、シングル部屋のファンルームでさえ
タイよりも随分と高いことを言ってくる。


20160315114720060.jpeg


仕方ないが普段は滅多に泊まることの無い
ドミトリー(部屋に何台か二段ベッドが設置してある)

タイプを探すことにした。そんなおり画像のゲストハウスが
目に止まり、料金を尋ねると5ドル 580円

もしくはタイバーツでの支払いで180バーツ 570円
エアコンも付いててしかも朝食までついてる。


20160315120804e6b.jpeg




2016031511472056b.jpeg


それならばとビエンチャンではドミトリーに泊まることにした。
普段は滅多に泊まることのないドミトリーであるが
宿代の高いシンガポールではよく利用したものだ。






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。