アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴィエンチャンからハノイ行き国際バスでベトナム ニンピンへ 1

2016年3月15日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



さて、たった二日間の滞在だけでラオスを後にする
まるで、ビザクリアーの為のビザランのようである。

そう言えば昨年あたりから、タイビザの満期を他国へ
抜けてクリアーするにあたり、とんぼ返りで即日に

タイへ再び戻ると入国拒否を言い渡されるらしいね
今回のラオス1泊は、ビザランと変わらぬ滞在であった。

と同時にヴィエンチャンの変わりようにも驚いた。
洒落たレストランにカフェ、各国のレストラン

日本料理屋に韓国料理店の多いのも驚いた次第だ。
まあビエンチャンと言えば一国の首都なんだもんね


20160318100235c77.jpeg


それで、次なる目的地は青いGPSが記してる地点の
ベトナム・ニンピンであるが、バスはその先のハノイ行きに

乗っかって、途中にニンピンで途中下車をするつもりだ。
実はニンピンへ詣でるのは今回で2回目なのでだいたい

あらかじめドライバーに伝えておいたりと要領は得ているので
心配は無いが、その代りに余計な心配があって、それは
子供じゃないが窓側確保が必須である。


201603181002340d3.jpeg


ラオスのヴィエンチャンからベトナムのハノイまでは
24時間の乗車時間で、その数百キロ手間のニンピンで

有ろうが20時間は乗ると思われる。バスのチケットは
前日に確保していたのだが、バスターミナルで購入したので

なくて、ゲストハウスが代行販売しているので宿で買った。
ネットで情報を知ると、なんでもバスターミナルまでは

結構、離れていてゲストハウスで買うと当日は宿まで
ピックアップしてくれるので結果、安くつくと
まあ今も昔も、その辺りの事情は変わってないようである。


20160318100158ff7.jpeg


そんなこんなで当日は17:00にゲストハウスへ迎えの
ソンテウが到着し乗り込み、その後は各ゲストハウスへ

他の客を集めに巡回してからバスターミナルへ到着した。
バスターミナルにはベトナム各地方へ向かう
国際スリーピングバスが並んでいた。

ドライバーにスタッフはベトナム人だけにベトナム語が
飛び交い、バスターミナルは既にベトナムである。


2016031810015509e.jpeg


車内の画像であるが、僕には見慣れた乗り慣れた
スリーピングバスである。今や世界各地で照明の

代名詞になったLED照明が怪しげに車内を照らしていた。
ちなみにヴィエンチャンからハノイまでの料金は

20000ラオスKip 2800円僕は二日間の滞在の為に
極力両替を最小限に控えたので900タイ バーツ 2800円で
支払った。その他、ドル・ユーロ 払いももちろんOK

バスは19:00頃にヴィエンチャンのバスターミナルを出発した。
宿にピックアップに来てから既に2時間も経過していた。


20160318100230cb8.jpeg


それはそうと、座席の方だが、珍しくこの日はガラガラで
下段の窓側を確保した。個人的な思考だがスリーピングバスは
窓側の下段が1番ベストだと思う。ただ時と場合によるが

途中からも客を拾い、通路まで現地人で埋まる時がある。
その場合、下段は直ぐ隣に小汚いベトナム人が寝るので
その時はハズレくじを引いたとサッサとあきらめようね


20160318100200e1c.jpeg


バスは22:30にお約束の小汚い食堂へ食事休憩に入った。
麺か画像のような定食スタイルかで、もちろん有料である。

これで25000ラオスkip 350円 物価からして高いね〜
地鶏の醤油煮込みと玉子焼き菜っ葉のニンニク炒めに

スープがついてくるが、それがなかなかの味で小汚い
食堂と馬鹿にしたが、なかなか美味しく満足であった。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。