アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴィエンチャンからハノイ行き国際バスでベトナム ニンピンへ 2

2016年3月16日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



ヴィエンチャンを出発したベトナム ハノイ行きの国際バスは
22:30に1回目の食事休憩に入り、約30分後に出発したが
寝ずに車窓から見える寂しいラオスの田舎町を眺めた。


20160318100235c77.jpeg


ラオス ヴィエンチャンからのベトナム ハノイ行きバスに乗り
GPSの青い点の位置、ベトナム ニンピンで途中下車をする。


20160318102638b11.jpeg


画像はラオス側のナムパオ国境

疲れはないが夜間にも関わらず、ずーっと車窓を眺めていて
目が疲れたのか知らぬ間に就寝していた。バスの方は気がつくと

国境の手前でエンジンを切って停車しドライバーもスタッフも
国境が開く時間まで寝ていて車内は静まりかえっていたので
毛布をかけもうひと眠りした。


20160318102721bd6.jpeg


夜が明けてスタッフも起き出し、バスの扉が開いたので
外へ出ることに、さすがに寒く辺りには朝靄が立ち込めている
半袖では寒いので長袖・長ズボンに履き替えておいて正解だ。

国境が開く7:00まで待ってイミグレーション・オフィスで
パスポートにラオス出国のスタンプを押してもらう。

ここではベトナム人とラオス人たちはバスの係員が
パスポートを回収して一括で処理するようだ

@ オフィスが開くと同時にパスポートは
イミグレーション・オフィスの窓から、いち早く中へ
入れておくこと! 記入用紙はバスで配る。


201603181026442c2.jpeg


ラオス側のナムパオ国境でスタンプを押して貰うと
1㎞は歩いて、ベトナム側のカオチェオ国境へ
大きなバックパックはバスが運んでくれる。


201603181026446f4.jpeg


以前はここベトナム側のイミグレーションでパスポートに
入国のスタンプを押してもらう際に1ドルの手数料が

必要だったのだが今回は外国人は全員 支払ってなく
ラオス人は今なお支払っていた。手数料とは名ばかりで
体のいい賄賂である。社会主義の実態を見れた。

それに以前は、荷物を下ろしてスキャンにかけていたのだが
これも今回はなく再びバスに乗り込んで出発である。

すべてが終わったのは9時過ぎ、実に両国の入出国に
2時間も費やすことになるのだが荷物チェツクが簡素化
されたぶん、これでも少しは早くなったんだろうな。


2016031810271955e.jpeg


11:30 国道脇の小汚いレストラン? 食事休憩に入った。
食堂は、ベトナム人の甲高い声で溢れ
ベトナムに入国したぞ!っと実感が湧いてくる。


20160318102716d7e.jpeg


ぼったくり天国 ベトナムであるが、料金によって
おかずの種類が変わる。食堂の老板が60000ドン 300円と

言って来たが財布を見ればベトナムの通貨が
50000ドン 250円しか手持ちが無かったので伝えると

50000ドンと書かれた食券を手渡され無事に食事にありつけた。
合理的と言えばそれまでだが、グレーゾーンでもある。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。