アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベトナム フエ 街ぶら散歩

2016年3月23日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



既にフエも今回で2回目、バスのトランジットで
フエに降り立ち、街ぶらしたのも入れると3回目だけに

もう見飽きてるだろうと思っていたが街もすっかりと
変貌しているのと記憶が風化してるのも加えて
初めて見るような場所とも多く出会えた。


201603281202242ce.jpeg


ただ王宮など昔からの景観を守らなければならない

建物は以前に訪れたままの姿だけに直ぐに記憶が戻った。


2016032812014208e.jpeg


ベトナム中部の都市、トゥアティエン・フエ省の省都
かつてベトナム最後の王朝「グエン朝」の都が置かれていた

フエの史跡は前回に訪れた際にレンタサイクルでほぼ
全て見ているのと、今回は歩いて回ってるので
行動範囲が限られるだけに内部には入らなかった。


20160328120114c0a.jpeg


前回に訪れた時はレンタサイクル「4万vnd 200円」で
フエの郊外に足を運び歴代皇帝の帝廟が点在しているのを
フィルムに収めてるだけに今回は大幅にカットである。

フエにしろベトナムではこのような史跡をまわるよりも
あくまでも僕流の街歩きであるが、旧市街の路地などを

あてもなく、迷子になりながらさまよう方が、断然面白いので
今日のところは軽く流して早々に旧市街へ足を向けた。


201603281201382ef.jpeg


画像では伝わらないが、この日は蒸し暑く歩いていても
汗がだらだら。。軒先に置いてある椅子に勝手に腰かけ

うちわであおぎながら汗がひくまで休んだり
または路上カフェと呼ばれるとこで1杯 50円ほどの

ベトナムアイスコーヒーを飲んで休憩と北ベトナム滞在中は
汗もかかずに歩き回ったのが嘘のような日だった。


20160328120223877.jpeg


お堀の周りにはこのような果物売りがいてるのだが
なにぶん常温で売られてるだけに手が出なかった。
タイのように冷蔵されてたら買ったんだけどな。。


201603281202426b6.jpeg


旧市街に入ると周りが一変し趣が変わり路上床屋が
現れたり耳そうじをしている場面にも出くわす。

これはオススメでベトナム滞在中は必ず1度はお世話になる
料金は2万vnd 100円 実際はいくらなのか知らないが
これだけは、して貰わないとベトナムを去れないのである。






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。