アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベトナム フエで食べたコスパな食事

2016年3月24〜25日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



夜は近くの庶民食堂で弁当とビールを買って部屋飲みを
したが、昼間はどうしても麺が喉をとおりやすいだけに
ベトナムの麺料理に足が向いた。ベトナム麺と言えば

有名なのはフォー なのだが、コシが今ひとつなだけに
一度だけ食べただけでフエでは違う麺を探して食べ歩いた。


201603281323221a3.jpeg


フエで食べたバンカン バードイ

手打ちうどんのように腰があって美味しかった麺である。
出てくる時は、このように海老とつみれがのった
シンプルであっさりとしたスープなのだが

あれこれ薬味を入れて辛味の調味料を足していくうちに
自分流の味が出来上がったと言うかどうなのか?


20160328132250b2b.jpeg


別の日にはツミレを要らないと言うと海老が三匹増えて
薄味ながらベトナム麺では1番のお気に入りになった。
料金は2万vnd 100円だけに毎日通ったのは当然であろう。

このコシのある麺だが米粉を中心に、小麦粉や
タピオカ粉などから作られた麺がベトナムには

存在すると聞いたので、様々な調理法で食べられている
麺大国ベトナムならではの奥が深いところだろう。


201603281322453da.jpeg


BUN ソーメンのような細い米麺
3万vnd 160円 これも滞在中はよく食べたね

QLでは1万vnd 50円ってな店もありました。
何故かこれを食べてると、いつも頭に浮かぶのは

氷水でこの麺をしめて、生姜の入ったソーメンツユで
食べたいと毎回、感じるソーメン(麺)である。


20160328132317546.jpeg


コム・スーンcơm sườn nướng [豚バラ焼きご飯]
宿の近くの庶民食堂で買ったもので、豚が1枚だけ
2万vnd 100円 下の豚が2枚のは25000vnd 130円


20160328132247b42.jpeg


いずれにしろ、ベトナムは適正価格を知ると
あまりのコスパに思わずにやけてしまうね。昔なんかは

最初のうち、ボラれてるのも知らなかったんだけどね
宿も安い事だし、越冬コースにベトナムは昇格だ!




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。