アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンチャナブリ 屋台街 ナイトマーケット

2016年8月6日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



業務連絡で使わせてもらいます。
仙台の長なす様、届いたメールをそのまま返信したら
送信不能で戻って来ます。いちから立ち上げてメールを送っても
送信不能で戻って来ます。お便りは読ませて頂きました。
ありがとうございます。



カンチャナブリには知ってるだけで2箇所のナイトマーケット
飲食屋台街が存在する。ひとつはバスステーションに

近いハイウェイ沿いともうひとつはタイ国鉄
カンチャナブリ駅前だ。こちらの方は衣類屋台なども

あるのと場所柄、川沿いゲストハウスの客が流れて
来るので観光色が濃いのに対して


20160808111925f06.jpeg


これからの画像全てのバスステーション近くの
ナイトマーケットは地元民のダイニングと利用され

個人的にもバスステーション側、いわいる現在滞在中の
カナーンゲストハウスから徒歩範囲の屋台街の方が
個人的にも好きだし飲食屋台街としてはオススメだ。


20160808111633571.jpeg


屋台の椅子に座り込む前に、コンビニで氷を失敬し
(屋台にももちろん氷は置いてあるが何度も店員にねだる)
のも面倒なんで全て用意周到で向かうのだ。


201608081116391af.jpeg


毎夜、早い時間から向かうのでPM19:00ならご覧のように
客もまだ少なくテーブルも空いてるので、おひとり様で
あろうがテーブルひとつを占領出来ちゃう。


201608081117057b7.jpeg



20160810095226aed.jpeg



2016080811171142f.jpeg


呑みの時間での個人の持ち物を見てもらいたい。
左側手前からソフトクーラーボックス・テーブルの

上にはコンビニで失敬した氷を入れるプラケース
それにスコッチを入れてるナルゲン製(漏れない)

液体ケースにモンベルのマグカップ(氷が溶けにくい)
以上が本邦初公開の呑みセットである(笑


20160808111637255.jpeg





2016080811170885c.jpeg




20160808192010a28.jpeg




20160808185546aa9.jpeg


カンチャナブリの屋台で呑み始め、最後の〆に注文したり
最初から注文していたりと頼んだ料理を貼っておく

サイ・オオン・ヤーン (モツの炒め焼き)
これは素材を指差して上記の名前を連呼したもので
比較的、日本人の発音でも理解可能な名称であった。


20160808185617fc9.jpeg


炎が元気よく上がってる屋台があったので
定番中の定番である空芯菜炒めを注文する。
炎の量は野菜炒めには間違いなかった。


2016080818560705d.jpeg


日本人が好むタイ料理でガパオライスと呼ばれる
これまた定番中の定番の1品があるが、デフォルトでは

豚ミンチを使いバジルで炒めるのだが、ガパオとは
便利な言葉で、素材を指差しガパオと言うと

自分の好きな素材でぶっかけ飯の出来上がりである。
これはカリカリに揚げた豚を指差してガパオとひと言!


20160808185546571.jpeg


これはイカとエビを指差して、ガパオとひと言!
昼食でも同じく素材を指差し。。。
なかなか使える言葉である。。



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。