アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンチャナブリを貸し自転車で走る。

2016年8月7日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



業務連絡で使わせてもらいます。
仙台の長なす様、届いたメールをそのまま返信したら
送信不能で戻って来ます。いちから立ち上げてメールを送っても
送信不能で戻って来ます。お便りは読ませて頂きました。
ありがとうございます。



カンチャナブリでの滞在先であるカナーンゲストハウスで
チャカヤーン(自転車)を借りて走っとります。

バスステーション周辺には住宅街があるだけでこれと
言って見るべきものはなく、敢えて言うなら小さな

地元デパートがあるので涼みに寄ったりするくらいがやまで
それ以外は、普通の日本人には興味のかけらも無いと思うが

タイ人が日頃、お守りのように首からぶら下げている
(プラクルアン)仏様のペンダントの屋台集合体があるので

そんなのに興味のある僕は一度は立ち寄るようにしている。
自転車を借りたならハイウェイ大通りを越えて
川沿いの地区が交通量もそこそこで走りやすい。


20160808161935a21.jpeg


さてどこの町にも流行ってる食堂があるのが定説であるが
ここカンチャナブリにはバスステーションの近くに朝から

持ち帰り客で溢れてる店があった。画像では客足も峠を
越えた時間であるが、朝イチは相当な客の並びようである。
何かと思い興味津々で入ってみると


20160808161938b80.jpeg


タイ人が日頃から好んで食べている鶏めしで
(カオマンガイ)と呼ばれる一品である。

取り敢えず注文して食べると日本人の味覚からしてみると
他の店で食べるのと、さほど差が無いように感じられるんだけど。。

じゃ何故、流行ってるかと言うと1皿 たったの
10THB 30円という安さのせいである。

スープも飲み放題なので朝食にはうってつけだけに
滞在中は毎朝、かよったしだいだ。


20160808161907cf1.jpeg


カナーンゲストハウスで1日 50THBで借りた自転車で
初日は15キロ先のWAT Nonbuanと呼ばれる有名な僧侶が

いてたお寺に向かうものの2時間以上走っても見つからず
人に聞こうがタイ語しか話せない人ばかりで、挙句の果てに

路肩の無い危険な国道に出くわし、泣く泣く中止した。
足は痛いは腰に響くわで散々な日であった。


2016080816190580c.jpeg


戦場にかける橋
映画と小説のおかげで、クウェー川に架かる橋は

有名になった。既に2度ほど訪れているので
今更、行く事もないのだが。。。


20160808161830e1a.jpeg


車優先・車社会のタイは自転車の事なんて微塵も
考えられずに整備されてるため国道は凄く走りにくいのと

危険である。その為に脇道に入り自転車を走らせると
この鉄橋に掛かる線路にたどり着くのである。


20160808161836276.jpeg


橋はメコン川の支流のクウェーヤイ川にかかっていて

第二次世界大戦中、タイに日本軍が進駐した際
ジャワから鉄橋を運んできたそうな。。


20160808161834f21.jpeg


観光大国のタイが実感される人出である。
歴史的には捕虜に強制労働を強いた結果
莫大な数の死者が出たいわくの鉄橋なのだが。。




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。