アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランパーンからパヤオ経由チェンライ Baan Bua ゲストハウス

2016年8月17日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



気候も良く居心地のいいゲストハウスに安い飯屋と
三拍子揃ったランパーンであるが、そろそろ移動しなければ
今後の日程に支障を兆しそうなので先へ進む事にした。

当初、ランパーンに到着した時は、ここを折り返し地点として
プレー 〜 ウタラディト〜ピサヌロークの三箇所に滞在して

進路を東に取り、ウドンターニ 〜 ノンカイ〜 イサーン地方と
まわって、バンコクへ戻ろうと計画をしていたものの

東のイサーン地方の過酷な気候が頭に浮かび、数日滞在した
ランパーンの快適な気候に戦意損失してしまった。


20160818175959c6c.jpeg


それに、移動に次ぐ移動も疲れた。歳には勝てない。
認めたくないが、それが本音だろう。。

よって今回は北上して、最後は一気に夜行バスで
バンコクに戻ろうと、サバーイなルートを選んだ。


20160818180005ad9.jpeg


先ずはチェンライへ北上しよう。途中のパヤオも
気になるが、元気なら、また来れるではないかと

自分をたしなめ、137THB 410円でチェンライまでの
バスチケットを購入した。リバーサイドのゲストハウスからは

往路と同様に黄色とグリーンのソンテウ20THB 60円で
バスステーションまで向かった。


2016081818010142f.jpeg


バスステーションには、さすがタイ北部と思わす
柿が売られており20THB 60円でひと袋買い求めた。


20160818180106b18.jpeg


確かに正真正銘の柿である。タイ人は果物に、砂糖や
発酵味噌を付けて食べるのだが、柿に関しては
タイ人でもこのまま食べるようである。


20160818180030841.jpeg


AM11:40に出発したバスは13:45分にパヤオに到着
ここで車掌は20分の休憩と言ったので、食堂へ遅い

昼食代わりの焼飯を食べに行ったが、何気に美味しい店で
隠れた名店、パヤオ バスステーションにありってあんばいだ。


2016081818012723d.jpeg


黄緑点がランパーンで、赤点がチェンライである。
ランニングアプリによると走行距離は234キロ
時間は約4時間になっている。(パヤオ休憩 20分も含む)


201608181800571d5.jpeg


意外にも30分も早く16:00にチェンライに到着
さてチェンライでの宿であるが、ガイドブックの地図を見ると

チェンライ バスステーションから近いはずなのだが
同じような名前のゲストハウスが多くて、途中で訪ねて

言われるように進むと一字違いのよく似た宿で、全く反対側を
教えられたものだから、迷わなければ10分ほどの宿に

30分くらい掛かり汗だくで到着し、既に夕方なのに運良く
お一人様が泊まれる部屋が1部屋だけ空いていて、助かった。


20160818180032b43.jpeg


ここの宿は全て平屋なのだが、離れにお一人様用の部屋が
二階建てであり、風通しが良いのと二階建てで1階は
屋根からの熱が直に伝わらないので涼しく快適である。

チェンライ Baan Bua ゲストハウス 300THB 900円
ダブルルーム・ファンルーム・トイレ・ホットシャワー


201608181800030ce.jpeg


玄関のベランダに置いてあったテーブルセットを部屋に入れ
部屋での飲み食い用にアレンジした結果、なんとも楽チンで
外で食べる気が起こらない快適なスペースに変身した。


20160818180027bc9.jpeg


チェンライは何度も訪れてるので、当初は2日で出る予定で
あったが居心地の良い宿に出会え、チェンライでも
長尻しそうな困った予感である。。


20160819091057b78.jpeg


右側の☆印がチェンライバスステーション
左側のGPSが当たってるのが Baan Bua ゲストハウス




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。