アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンライ 町歩き 市場 少数民族

2016年8月19日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



記憶が正しければ、確か今回で3度目のチェンライである。
過去にいろいろと撮り歩いたせいでもあるのか

さすがにカメラをぶら下げて町歩きしていても、すっかり
カメラを持ってるのも忘れ、ただただ夢中に歩いてるのに

気づく、ブログなどしてなければ、こんな自然体で
いられるのだと憎たらしく思う時もある。


20160819184835cc4.jpeg


毎朝、宿から歩いて15分の市場へ朝食を物色がてら
歩いては、おかずを買い求め朝食としたのだが

今年の初めの越冬旅で生まれて初めて食べたナマズに
目覚め、美味しく食べれるのだと初認識したので

今朝も焼きナマズ 15THB 45円と白米を買い求め
ゲストハウスに戻ると女主人に大うけだった。


2016081918473178f.jpeg


タイの地方都市のシンボルと言えば時計塔だが
チェンライのは、いささかきらびやかでピカピカの金色である。

何故 シンボルが時計台なのだろう。まあ歩く旅行者の僕にとっては
ランドマーク的な存在なので、便利なんだろうがね


2016081918473607d.jpeg



昔、「同情するなら金をくれ」と言う文句があったが

「写真 撮るなら金をくれ」と言われた。確かに言えてる。


20160819184833314.jpeg


大方のガイドブックではチェンライの紹介で
「かつてタイ北部を統治したランナー王朝
最初の都があった場所」と記載されているが

寺院を訪れる外国人でランナー様式の仏像との違いを
分かり得る人ってタイ人を除いてそういないだろうね

それともうひとつ、ランナー様式建物の特徴は
蛇神ナーガが入口にいることだ。これを聞いて
ピンと来たタイ通の人は多いと思う。


2016081918480186d.jpeg


初めて訪れた時は、まだまだ少数民族の露店が並ぶ
賑やかな露店市場があったのが記憶にある。

最近は最北部のチェンコンもそうだが、少数民族の人達も
以前のように正装している人を見かけるのが難しい。

これはタイに限ってではない。ラオスも同様である。
そらそうだ。ジーパンやポロシャツの方が楽に決まってる。


2016081918473765f.jpeg


辛うじてお一人の少数民族を発見!

この後、撮るなと蝿を追い払うような手つきをされた。


2016081919084085a.jpeg




2016081919085931b.jpeg


ここでは自転車を借りなかったので、街の外れにある大型スーパーの
セントラルプラザにBig Cは行かずじまいであったが
タイは未だ昔の日本のように市場や個人商店で買う人が多い。


201608191909037b5.jpeg





20160819190841cf9.jpeg





2016081918480518c.jpeg



今のように忙し過ぎない日本も昔は、こんな市場や個人商店で
買う人がほとんどだったんだがね。少なくとも幾度となく訪れた
沖縄を除けばこう言う文化を今の日本で見る事はないのだろう。


20160819184806e02.jpeg







関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。