アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンライ ナイトバザール 部屋呑み

2016年8月19日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



チェンライで滞在しているゲストハウスは東洋人は
僕、1人で、タイ人もいない完全に西洋人化していた。

ゲストハウスは平屋造りに緑がいっぱいの中庭と
いかにも欧米人が好みそうだ。宿代もダブルルームで

300THB 900円とゲストハウスにしては決して
安くはないしそれにこの値段なら他にも近辺に

ビジネスHotel風の小綺麗なHotelがエアコン付きで
350THB 1050円とほとんど変わらぬ料金設定で見つかった。

まあこの時期は涼しいので暑がりの僕でもエアコンは
要らない過ごし易さだけに大丈夫だったが、次回暑い時期に
来ることがあれば、そちらのHotelを選択するかもしれない。


20160820193858e59.jpeg


話が前後するが、雨が降ったチェンライの温度である。
あいにく、チェツクアウトしようかと腰を上げた日だが

前日からの雨が降り続き気温も下がり扇風機も止めていた。
雨足が強く出発する気にならない。どうしたものか。。

この先の行程に支障が出て来そうだ。ナコンサワンに
ランパーンで長尻したツケがここでまわって来た。

このままだと、バンコクの滞在に影響が出そうだ。
北部から夜行バスで南下し、その足で空港へ直行
その日に帰国便へ乗り継ぎだけは避けたいがどうなるやら。。


2016082019394921b.jpeg


前回はチェンライ市内の北側、コック川付近の
バックパッカー宿だったが、どうせ次なる目的地に

バス移動で再びバスステーションなんだからと
今回はバスステーションから直ぐのゲストハウスを

選んだが、どうやらこの辺りはBARが建ち並ぶ
エリアでもあるのだ。タイ人の女性が店先で
通りすがりに飲んでかないかと声をかけてくる。


201608201939230e2.jpeg


マッサージ店も多く、ネオンの色から察して殿方が
喜ぶようなマッサージ店のようだ。
これまたネオンの色から察するとそのはずだ。


20160820193945d20.jpeg


ころっと変わってナイトバザールであるがここは
ほぼ毎日 開かれてるようで観光色が色濃い。

だが画像のタイ東北地方のイサーン鍋 (チュムチュム)に
したって100THB 300円とコストパフォーマンスな値段である。


20160820193944812.jpeg


バスステーションから近い、チェンライきっての
ナイトバザールだけに欧米人はもちろんのこと
タイ人観光客も多く訪れていた。


201608201939460ea.jpeg


1串 5〜10THB 15円〜30円の魚肉天ぷらの油揚げ
オイルフォンデュのように油にくぐらせ食すもの
これがなかなか、肴になるのでいろんな地方でもこの屋台を見つけるとよく買ったものだ。


20160820193920d4c.jpeg


前項でも触れたが、部屋のベランダのテーブルセットを
室内に持ち込み、快適空間が出来上がったので
チェンライ滞在中も部屋呑みに徹した。

なんたって蚊にも刺されないし。ダウンロードした
吉田類の酒場放浪記を見ながらくつろげた。


201608201939016bd.jpeg




20160820193921b79.jpeg




20160820193900531.jpeg


これは自分用の控えとして貼っておく。
GPSの青点がゲストハウスで矢印が

おかず屋台が建ち並ぶエリア。
目に前はセブンイレブンもある。



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。