アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ メーサイ 中国街 アーケード街

2016年8月20日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



到着 初日、雨足が衰えないタイ北端の地 メーサイ
むかーしの旅では傘など持たずに出掛けていたが
ベトナム・台湾で苦い経験をしてから傘を持参するようにした。

アウトドア用品のモンベル社製で小型・軽量ながら
後部がアヒルの尾っぽのように少し長いのが特徴で

メーカー側は後ろに背負ったディバックが濡れないと
歌ってはいるが降雨の限度によりけりであるのだが。。

その名もずばり、ダックテールと呼ばれる品物で同じく
同社のディパックを買うと収納スペースのポケットが

設けられており、これにより機内持ち込みをしようが
注意される事はない。(実際にインドの厳しいチェック)も

お咎めなしであった。(インドでは裁縫用のハサミ)
までバックをひっくり返して取り上げられた経験がある。


20160822112634bdd.jpeg


ここメーサイは、ミャンマーとの国境を隔てている為か
両国のいろいろ、摩訶不思議な商品が売られてる市場があり

それが今日のように雨天の時は都合がよくアーケードが
張り巡らされている。そう言えばノンカイのインドシナ
マーケットもアーケードがあったのを思いだした。


2016082211272409c.jpeg


その為に傘要らずで、ぶらぶらと見物がてら歩ける。
逆に晴れているとアーケードが災いし通気性が悪いので
蒸し風呂状態であるが今日は快適そのものである。


20160822112728aa3.jpeg


アーケードに中国街と書かれているだけにお茶っ葉に
身体に悪そうなカンズメ類やら直ぐに潰れそうな電気製品と
見てるだけなら楽しめる商品がてんこ盛り並べられている。


201608221127520ef.jpeg


特に目立つのが日本でもお馴染みの天津甘栗であるが
これって日本固有の呼び方で世界では通用しないんでしょ?

日本のと比べ甘みが少ない。日本で買うと1500円くらいの
量で100THB 300円である。その他、豆類が多く売っていた。


20160822112748e5d.jpeg


ミャンマー料理なんだろうか、麺をいろいろな香辛料で
絡めた衛生観念の低いタイならではの食べ物を

売り歩く移動屋台もそこらじゅうに出没していた。
我が国なら間違っても保健所から営業許可の出ない商いだ。


201608221128397a3.jpeg


お馴染みのタイ・ミャンマー国境に架かる橋である。
くだんの雨で川の水が今にも溢れそうである。
乾季なら歩いて渡れそうな水嵩なんだけどね。


2016082211283801d.jpeg


川の向こうはミャンマーのタチレクである。
この間は外国人ツーリストも日帰りで行って帰って来る

人も多く、ガイドブックにも推薦されてるのだが
現在では、タイを出国すると日帰りで再入国が許されて

おらず(2015年から)じゃあ どうなんだろう
出国スタンプを押され、ミャンマー側でパスポートを預け
再び日帰りでタイ入国は可能なんだろうか?


20160822112635134.jpeg


昼食は珍しくイエロー麺の太い平麺を見つけたので
豚足を指差し濃いめのスープ(ナムトック)と注文して
美味しくいただいた。40THB 120円



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。