アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ北部 メーサイ 美味い食堂

2016年8月23日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



安い宿に心地よい呑みと旨い飯を提供してさえくれたら
強いて何も望みません。。暑がりなんでお茶飲んで涼める

施設も欲しいかも。。今回のタイ中部〜北部と流れて
来たわけだが、適度に初めての土地も取り入れ自分なりに
次回も有りだなと思える街・宿も開拓出来たと思う。


2016082520462086b.jpeg




20160825095138464.jpeg


右側が、メーサイで長尻させて貰ってるAQ House
歩いて直ぐに町内食道に酒屋・雑貨屋があるのでことは

足りるのであるが朝はウォーキングに夜は屋台街へと
出向く関係で町内での消費は出来ず仕舞いであった。


20160825095112185.jpeg


毎朝、町内で見かける托鉢の小僧さん。
いつも二人で喋りもってダラダラ歩くので年輩の
僧侶から何やら注意をされてるようだがタイ語だけに

理解出来ないが、それを見てるだけで早起きの
恩恵を受けたように思え1日の良いスタートになれる。


20160825095142d18.jpeg


バンコクでは普通に見かけるトゥクトゥク
地方都市ではソンテウ(トラックの荷台に乗るタクシー)に

変わったり、モーターサイラップチャン(バイクタクシー)
自転車の後ろにBOXの椅子が付いたサムロと様ように
様変わりするのだがメーサイでは頑張っていた。


201608250951138fc.jpeg





20160825095137796.jpeg


カメラぶら下げて、お昼は何を食べようか考えもって

この様な路地を飯屋探ししもって歩いてる時が至福の時間だ。


2016082509521016e.jpeg


最近は北部であろうがめっきり見かけなくなってしまった
少数民族の叔母さんと前にも書いたが、そのほとんどが

少数民族の正装と言うかトラディショナルな服装を
着なくなり、ラフで簡単に洗い替えが出来て手軽に

商店で吊るされてる普段着に変わって来てるだけで
実際はまだまだたくさんの少数民族の叔母さんが

採れ採れの野菜を市場まで売りに来てる様に思う。
そんななか、二人ほど見かけたので普通に嬉しくなった。


201608250951141d3.jpeg




20160825095205148.jpeg


いつもの街ぶらの時に見つけた食堂で味よし、値段よし
愛想よしと三拍子揃った店を見つけたので次回の

自分用の為に貼り付けておく。右側の黄色い太い道は
国境ゲートに続くいわゆるメインロードである。


20160825095207fb1.jpeg


メニューは全てタイ語だったので、前にも書いたが
日本人が好きなガパオライスの「ガパオ」だけ借用して

鶏肉と豚肉を指差して、ひと言、ガパオとオーダーする。
35THB 105円で小さな幸せにありつけた





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。