アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンコンからソンテウでハッバイ乗り換えでチェンコンへ

2016年8月26日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



先月8/31に帰国して、いろいろと溜まってる用事をこなし

墓参りなどで地方へ数日、出掛けたりとしていました。


20160904043109a11.jpeg


ブログの続きはタイ北部 チェンセンから約70キロほど
移動して、チェンコンへソンテウで向かいます。

過去にチェンコンはラオスに渡る為や、ただ滞在するだけも
含めて4〜5回は訪れている知り尽くした街だけに今ひとつ
新鮮味は感じられませんがタイの好きな地方都市のひとつだ。


20160904043114965.jpeg


前日にソンテウ乗り場に出発時間は確認済みである。
当日は乗り場に到着してスムーズにソンテウの車内で
待機するものの、私に続く客は出発時間になれど現れない。

もし、今日は運行を取り止めと言われるとチェンコンまでの
タクシーをチャーターせねばならなくその代金たるもの

事前に聞かされてましたが、1300THB 3900円らしいです。
ソンテウだと100THB 300円でチェンコンまで行ける。


201609060904215c5.jpeg


(黄緑点のチェンセンから右側のチェンコンに
向かうにあたり、現在は赤点のハッバイで
チェンコン行きのソンテウに乗り換える必要がある)


依然、車内で待機しているとドライバーが何やら言ってくる
だがタイ語なので理解しづらく困ってると画像の紙切れを

かざしながら説明してくれ、今回で2回目のルートだけに
即座に理解でき、運行を取り止めではないだけにホッとした。


20160906103541a05.jpeg


このルートは2013年に逆のチェンコンからチェンセンに
移動の際に同じソンテウで移動しているルートだけに

ドライバーが言いたい事は理解でき、現在もチェンセンから
チェンコンへダイレクトに乗り入れてるソンテウは

運行しておらず、途中のハッバイで乗り換えてチェンコンへ
向かって欲しいとドライバーが伝えたいのがわかった。


2016090404311063f.jpeg


昔はチェンコンまで通しで運行されてたんだろうが
現在は乗客がいないのであろう。この時も数人が発車間近に

乗って来たが途中で降りたりと最後まで乗っていたのは
僕1人であったが、その分めっいっぱいの田舎の
旅情はかきたてられてそに点は良かった。


20160904043137036.jpeg


9:30にチェンコンを出発したソンテウは10:30に
ハッバイに到着、ドライバーは村の小さな市場を指差し
そこにはチェンコン行きの後続のソンテウが止まっていた。

朝は何も食べていないので少しだけでも乗り換え時間に
余裕が有れば嬉しいんだけどと思ってチェンコン行きの

ドライバーに聞くと12:00に出発と言う。付近には雑貨屋と
お寺しかなく1時間30分も時間潰しを強いられそうである。


20160906090422fb6.jpeg


(次は黄緑点のハッバイでソンテウを
乗り換えて赤点のチェンコンへ向かう。)

地図を見れば一目瞭然だが、チェンセンから
チェンコンへ向かう道路はメコン川に沿って
作られており、小さな村も川の近くに点在している。


2016090404320064b.jpeg


雑貨屋で朝食兼昼食を物色するがカップラーメンしかない
お寺の横に屋台があったので行ってみるがソムタム屋台で

他に選択肢がなく麺屋を聞くと遠くを指差して教えて
くれた方向をとぼとぼ歩いてると、先ほどのソムタム屋台の

叔母さんがバイクでやって来て後ろに乗れと合図
麺屋までバイクに乗っけてくれ、直ぐに屋台へ戻って行った。

田舎の人は親切である。アジアの旅は田舎がつくづく
良いと改めて感じられた瞬間であった。


201609040431390c5.jpeg


麺屋の前には悠々とメコン川が流れていて、麺を食べていると
女主人が対岸を指差してひと言ラオスだと発した。

それにしても目の前のメコン川が隠し味になったのか
空腹のせいであったにしろ実に美味しいラーメンだった。

チキンやら具材も多く、それでもって30THB 90円とは
このような店が有れば、朝食におやつ時にと通うんだがな


20160904043138e52.jpeg


行きは叔母さんがバイクで送ってくれたが帰りは来た道を
とぼとぼ歩いて戻ってると他にも数軒 食堂があり

宿があるものなら、超マイナーなこんな街に滞在しても
良いかなと思わす、ここハッバイの街である。

乗り場に戻るとドライバーのお爺さんは昼寝の真っ最中で
出発時刻に近づいても起きる気配がなく、ほっておくと
12:10に勢いよくエンジンがかかり動き出した。


20160904043201404.jpeg


チェンコンまでの途中は道路拡張工事が行われていて
半端ではない土埃を浴びながら約1時間後の13:00に
見覚えのあるチェンコンの街に到着した。

ここにはプールが付いたコスパな宿があるのだが
屋根がトタン板で熱気が部屋にこもり暑い。

曇っていれば投宿予定であったが、結局はいつもの
メコン川が見える定宿に足が向いていた。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。