アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ チェンコン お気に入りゲストハウス

2016年8月26日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



チェンセンを朝の9時30に出た乗り合いトラックの
ソンテウは以前は乗り換え無しでチェンコンまで

行っていたが乗客の低迷からか途中の田舎街 ハッバイで
ソンテウを乗り継ぎ目的地でもあるチェンコンに

向かわねばならないのだが乗り換え地点での
乗り継ぎの効率が非常に悪くてチェンコンには13:00に
到着した。わずか70キロほどの距離に3時間30分である。


2016090809301095c.jpeg


チェンコンには綺麗なプールも常設されたコスパな宿も
あるのだが、なにぶん部屋の屋根がトタン板だけに昼間の

太陽に熱せられファンルームでは夜遅くまで室温が下がらず
過去に寝付けず、苦い思いをしただけに道中に車内で

どうしたものかと迷っていた。エアコンルームに泊まれば
話は別なのだが、思いのほか値段が割高でそうすると
ここでのコスパな宿の意味がなくなると言うわけだ。


201609080930310d6.jpeg


なんだかんだと迷った挙句にいつもの定宿に足は向いていた。
Baan Chomekong と言うゲストハウスでレストランが

常設されているのだが、未だかつてレストランが営業
していたのは1回お目にかかっただけで後は全て
クローズでその為にWiFiは使えない。


201609080930133f8.jpeg


今回も到着時にはレストランはクローズでスタッフも
誰1人といてなく、毎度そうなのだが2〜3部屋だけ鍵が

掛かっておらず部屋に入れる。いつもはスタッフが
現れるまで外へ食事に出かけたりするのだが、道路工事で

埃まみれだけに、勝手にシャワーだけ浴びてから食事に出掛け
ぶらぶらしながらスタッフが来るのを待った。


20160908093008318.jpeg


この日は大きなテラスが付いてる1部屋が空いていたので
料金を聞くと他と同じの250THB 750円と言うので
メコン川沿いに張り出した大きなテラスがある部屋に決めた。


20160908093032da7.jpeg


宿のテラスに廊下はメコン川沿いに向いてるので
思う存分、河を往き来するボートやラオスを拝める。

朝は対岸のラオスからの民謡が早くから聞こえ
旅の旅情をかきあげてくれる。

今回のブログで記載している宿賃は全てローシーズン
つまり今の季節の料金だけにハイシーズンに旅する人は

2〜3割増しかと思うが、暇そうな宿なら値引きの腕の
見せ所で同額近くまでもっていけると思う。ただ
ヨーロピアンが占める宿は売り手が強いだけに望み薄と思う。


2016090809303358b.jpeg


ここチェンコンに来るたびにラオス側の変貌に驚かされる。
大きなHotel?カジノ?そんな建物も出来ておりラオス経済の

発展がうかがわれる。それと既に知ってる人も多いだろうが
2年ほど前からここチェンコンから出国して対岸の
ラオス・フェサイへは外国人は抜けられなくなって

昔のように渡し船でラオスへの時代から第三の友好橋を
バスで渡ってラオスと味気ない出国に変わってしまった。



ここをクリックするとチェンコンでのコスパなゲストハウスの記事が見れます。




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。