アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マラパスクア島 3

2008 2月 17日

マラパスクア島 内陸部 村 1

マラパスクア島のリゾート地域は島のほんの一部で

ほとんどの住民が内陸部でニッパ椰子の小屋で質素に生活しています

まだまだロゴン村の商店街を除き電機が通ってないのも事実です

今日はそんな内陸部の村へ探索に出かけました Part 1 です。


2008-p




2008-p

もともと島に住んでいた人たちはリゾートの華やかさとは無縁です

子供も素朴で まだまだすれてはいません

2008-p

サリサリの叔母さんは月に数回はボートで対岸の本島まで仕入れに行く小さな商いですね

2008-p

穴あきのパンツを はいてるのは まだよい方で小さな子供は
女の子を除き ほとんどパンツをはかせてもらえません

私の親しいダイバー仲間でも大人なのに海へ行くとパンツを、はかないで
人目をはばからず うろうろされる方がいます

2008-p

リゾートのシャワーも言えますが真水ではありません薄い海水です。

2008-p


2008-p


2008-p

山羊を解体してました日常なのか子供たちは動揺していません

2008-p


クリスマスやおめでたい時に需要があるそうです

普段はめったに解体はしません

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/157-ddd4e077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。