アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン カラミアン諸島 クリオン島 1

2008 2月 25-26日


フィリピン カラミアン諸島 クリオン島 1

今日はコロンから日帰り出来そうなクリオン島へ向います。

この島を日本でWeb検索すると(ハンセン病)(ライ病)の病院、施設などしか
検索にひっかからず あまり触手が進まなかったのですが

私の友人で「地球の歩き方フィリピン」へ原稿を送ってる佐久間博和氏 ひろくんから
スペイン統治時代の古い砦などが残ってるので行って見ればのアドバイスで出かけることにしました。


2008-p

クリオン島へのアクセスを前日の夜にトロトロ(大衆食堂)で食べてる際に
停電でほとんど顔の見えない他の客から島へ行くには港を6時のボートで出発しなければ
日帰りは不可能だよ~ と教えられ

今朝は早起きして港へ出向いたもののクリオン島へのボートは9時発しかないとのこと
時計を見ると3時間も待たなければ、またまたフィリピンタイ~ムである

2008-p

顔も洗わずヒゲもそらず宿を飛び出して来たので運動がてら30分近くかけて再び宿へ戻り
再度、身支度を整え朝飯のパンを買って再び港へ戻ると港にはマニラへ向け運行している

超マイナーな船 MY・CATARINA(通称ダルマ船)が留まっており この船も
ここを出てから いったんクリオン島へ向かい あくる日にマニラへ向かうらしいです

2008-p

マニラまでは食事付きで1000ペソ2700円だそうで主に島の住民がマニラまで
もしくはマニラからのたくさんの物資を運ぶのに使用されてるらしく

SuperFerryのような厳重なチェツクが無いので危険物で有ろうが
銃などもNOチェックで持ち込みOKって事です おちおち寝てれませんね

ちなみに夕方6時出港~マニラ着あくる日のPM3時です

2008-p

これがクリオン島へ向かうパンプボートで15分遅れの9時15分に出発しました。
目的の島までは1時間30分 140ペソ370円です。

パラワン独特の切り立った奇岩を見ながらのんびりと船旅です。

2008-p

物騒な物を持って乗り込んで来る地元民の姿も見れました

2008-p

さあお尻の痛さも限界に近づいた頃 クリオン島が見えて来ました

2008-p

島へ到着後、港の人に午後のコロンへ帰るボートの時間を聞くと

本日は、もうないよ 明日の朝に港へ来いと言われ

確か午後便は有ると聞いたと言い返すと(ワラ) 無いのひと言
仕方ないので宿を探し島で一泊、明日のボートで帰るとします。

2008-p

島の情報は無いに等しく自分の足だけが頼りです

観光するようなところは見当たりません でもここで一泊です(涙

2008-p

港からは ただひたすらに歩くことしか選択はありません

あたり前ですが観光客など私以外に皆無です

2008-p


港から15分くらい歩いたところにけっこう大きな病院があってその奥の道を進むと

INMACULATE CHURCHと言う教会に出ました ここが島唯一の教会ですね

2008-p


もともとは歴史のある教会らしいですが丘の上に建ってるため海風などに侵食され

ところどころリホームされ綺麗になっていました

2008-p

中はひんやりと涼しく休憩するにはもってこいの場所です

2008-p

少し昼寝でもと思ってミサの椅子に横に成るが これが気になって寝つけません

今にも起き上がりそうで気になるので昼寝を取りやめ島内探索にでかけました

2008-p

スペイン統治下の砦ですか?

2008-p


OLD SPANISH FORT って書いてました でどうだった?って感想を聞かれても
あまり観光しない私には島探索の方が楽しく ここは眺めがよくて
海風が気持ちよかったと言うことくらいの感想しか言えなくてすみません

2008-p

教会の裏手 砦から海を見下ろしたところです
こんだけ見晴らしが良かったら敵もおちおち攻めて来れませんね

さてトライが走ってる下の道の方が気になるので そろそろ出かけます

関連記事


コメント

素敵な町、教会、人々、ため息でますな・・・
ところで、聖人が入ったガラスケース。

これがイタリアだったら・・・本物の遺体が安置され、見ることができます。

ミイラがはいっとります。
[2008/02/28 10:45] URL | taka #9EIKJS8I [ 編集 ]

taka さん
イタリア 行きたいんですよね~
でも聞くところによると☆無しのHOTELでも100ドルらしいですね
フィリピンにしときます。
[2008/02/29 10:37] URL | あじあの☆コロン #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんばんわ。アジアの☆さんの行動力には、脱帽です。これからも島めぐり続けてください。私も楽園さがしにそろそろ出かける予定です。
[2008/06/05 20:31] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]

気になります
下の道のさらに下の海が非常に気になります。リーフの外側はどうなっているのでしょう?
[2008/06/05 22:47] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


早く続きが見たいです。
[2008/06/05 22:49] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


ちょっとバタバタしてましてあまり見れてなかったので
ザーッと見ましたが・・・・
やっぱ師匠はすごいですね!適応力と行動力がぜんぜん違うもんなぁ・
銃の扱いはものすごいですね!
むき出しのままでOKなんですね・・・眼が点になりました・笑
船中の画像はマガジンも付いてるし・・・こわぁ・・
[2008/06/06 03:50] URL | 布袋@実家 #irIJ6Ii. [ 編集 ]


針生さん

知らない土地へ踏み込んだ時の好奇心・興奮 アドレナリンって言うのでしようか
その楽しさを身体が覚えてるので行動力に結びついてるのでしようね

わたし以上の行動力のヨーロピアンを見習って楽園さがし頑張ってください 


火遊び師さん

はじめましてコメントありがとう御座います
土曜日のブログに出てくると思いますが田舎の島の事ですから

リゾート施設もダイビング施設もありませんので静かなものです
リーフの外側はドロップオフでは無くだらだらと深くなる程度です


布袋さん

お帰りなさい私は毎日、訪問してましたよ
海外出張でたくさんのネタを写してきましたか?

楽しみにしていますよ

銃は当然のごとく海外へは持ち出し出来ませんが
我々でも購入、可能らしいです

もっとも興味はないので買いませんがね
[2008/06/06 08:35] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/169-4465e7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。