FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン カラミアン諸島をバンカー ボートでエルニドを目指す

2008 3月 1日


カラミアン諸島をバンカー ボートでエルニドを目指す


2008-p


地図は今までの経路です クリックすると大きくなります


本来ならブスアンガ島コロンからパラワン本土 エルニド村へ向うのには

Super&ネグロスナビゲーションのナイトフェリーボートでプエルト・プリンセッサへ向い

プエルト・プリンセッサからバスに乗り陸地で北上しエルニド村へ行き帰りはエルニドから

再度プエルト・プリンセッサへ戻るバスでのピストン移動に成ります


2008-p


地図は向かう先のパラワン島です クリックすると大きくなります


ある日なにげなくSEA DIVEのレストランを覗いてると へ~なるほどって事が

やっとこさコロンから沈没を回避する目的が見つかりました このサインボートです!

これに乗るとパラワン島 プエルト・プリンセッサからバスで北上しなくても

ダイレクトにエルニド村へ入ることが出来そうです

料金はボート代2000ペソ 5300円 海域通行料(パーミット)20ペソ 50円

2008-p

このボートなら南へ下るルートが取れますが少々、値段は、はりますが

フェリー+宿+バスのトータルで考えればさほどの差はないはずです

ただ、このバンカーボートでエルニド村へは7時間 人によれば10時間 ちゃんと着くかな~?

船酔いも心配だな~ 漁師が変身する 「にわか海賊」 は あまり深く考えないようにしましょう

2008-p

さてエルニド行きのボートに乗るために少し早い6時30分に乗り場のSeaDiveへ行き

荷物を置かせてもらって朝食のパンやらボートで食べる食料・水などを買いにパランケ(市場)へ

買出しも済み8時に乗り場へ行ったもののフィリピンタイムで、ボートが出る気配もありません

やっとこさ9時過ぎに声がかかり まずは矢切の渡しで親船のエルニド行きのバンカーへ

8時の出港が遅れ9時30分過ぎにバンカーボートは動きだしました

2008-p

本日は波も風も無いので順調に航海、出来そうです

カラミアン諸島は小さな島が点在してるので外洋からの波の影響も

あまり受けません 無数に点在する奇岩を見ながら景色を楽しむものの

3時間も経つ頃には単調な景色に退屈になり寝ていました。

2008-p

エルニドまでの客はドイツ人1名 フレンチカナダ人2名フィリピン人

日本人 ☆くん 1名でした。

この海域大きなクラゲが浮いてます1メートル近いピンクと言うか薄ムラサキ色したやつです

船員の若いのは船内で なれた手つきで魚をさばき炭でご飯を焚き昼飯にしてました

2008-p

場所によっては外洋の影響を受け時おり大きなうねりにバンカーボートは

左右に大きくかたむき本でも読もうなら気分が悪くなるくらいです

いったい何時になったらエルニドへ着くんだろう・・・・・・・・省略

2008-p

ボートの旅は退屈ですが時おり見せてくれる楽園のような小島に疲れを忘れさせてくれます

2008-p

将来は日本の厳寒期にこういったところでロングステーも良さそうですね

2008-p

午後6時小雨降りしきるなかエルニド村の浜辺へ到着しました

合羽を着ての宿探し一軒目の宿は街中で景色は良くないが部屋は清潔

でもハイシーズンの現在は800ペソ 2100円 事前にエルニドの宿は高いと聞かされてた

だけに驚きはしないが、もう少し景色の良い宿を探そうと小雨のなか歩き出す

2008-p

ダニエルというガイドブックにも転載されてる宿があったので入ってみる

800ペソ 2100円 値段は先ほどと同じだけど海の前の部屋でなんとも自然で心地よい

しかも部屋は清潔、これ以上、歩き回る気力もうせたので今宵の宿とする

2008-p

シャワーを浴びレストランでもと顔を出すが皆さんグループでテーブルを囲み

ワイワイ楽しくやられておられ、私みたいな、ひとり旅はリゾート地では

なんとも入りずらい肩身の狭いレストランが多く、しかたなく酒のあてを買い求め

部屋の前のテーブルでひとり酒 景観のよい、しかもBGMの波音が心地良い

宿に決めた事を幸いと今宵はネイティブな夜と成りました。

2008-p

疲れていても早朝に目が覚めるのが年寄りの辛いところ

朝は備え付けのコーヒー を入れ部屋の前の椅子に座り目の前のパラワン独特の奇岩に

時間が過ぎるのを忘れるほど見いってました

2008-p

昔に見たガイドブックと変らず風景なんですが 感動しました ここまで長かったぁ

やっとパラワンへいやエルニドへ来たんだって目の前の景色に見いってしまいました

2008-p


まだビーチ沿いは高層の建物が見当たらずフィリピンの良き時代のビーチの姿を残しています

私のようなバッパーは このエルニド村をボラカイのように開発されず

田舎のままの素朴な姿を残していてくださいと願うだけでした


関連記事


コメント

だね~~!!!リゾートの一人夕食って!なんか照れるよな!
エルニドか~!ため息つくほど美しいんよろネ。
[2008/03/03 09:36] URL | 隊長 #- [ 編集 ]


隊長

来年あたりどうです?
[2008/03/11 23:37] URL | あじあの☆マニラ #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんばんわ。私はまだ、パラワンに行ったことありません。エルニドは高級リゾートと聞いたことありますね。ボラカイのように開発されていないぶん、自然さを感じます。
[2008/06/12 13:49] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


針生さん

ここは まだまだ田舎で人によっては退屈される方も おられるかも知れません

でもたいていの物は揃うし旅行者が生活するにあたって不自由は有りませんね

ただジョリビーやチョウキンのようなファースト・フード派の方には

多少 窮屈な地かもしれませんが宿を除き さほど物価も高く有りませんでした
[2008/06/14 03:24] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


ビコルさん

温暖なフィリピンでロングステーいいですね

私は今回4月の終わりまでフィリピンで過ごしましたが

毎年悩まされる花粉症も今回は微塵も感じず良いことずくめでした
[2008/06/14 03:29] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/172-8aa40af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY