FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ミャンマー Bagoからインレー湖 ニャウンシャに向かう

2019年1月25日

今夜はBagoから夜行バスでインレー湖巡りの基点になる
ニャウンシャへ向かう。あらかじめバスチケットは
宿の近くの長距離バスチケット売り場で購入済みだ。

集合場所も同じところなのだが夜行バスだけに
集合はPM18:30との事で 11:00に宿を
チェツクアウトしたら ほぼ半日 暇つぶしになりそうだ。

20190129000754c63.jpeg

荷物は毎度のように宿に預けて暇つぶしは昨日と同じような
市場 ショツピングセンターしか他にないので同じコースを

連日 歩くものだから 外国人が珍しいのも手伝い
動物園のパンダの見学のようにジロジロ見られた。

どうにか時間も潰れて集合場所へ向かい
そこから18:40に迎えのバイクにまたがって5分ほどの

バスターミナルで降ろされ 19:00出発のバスを待つのだが
30分過ぎてもやって来ない。まあいつもの事なのだがね。

20190128235206b97.jpeg

本当に来るんだろうか? 心臓がパクパクしだした20:15頃
ようやく目的のバスがやって来た。ニャウンシュエまでの
バス運賃だがクラスによって違うらしくて13000Kから

15000Kらしく 疲れる座席もなんなので15000Kにしたが
座席のどこが1番高い値段なのかわからない程度だった。

20190128235301323.jpeg

20:20分に出発したバスはアジアでお馴染みの冷房ガンガンの
冷凍庫バス 身体が冷え切った23:00 最初のトイレ 食事休憩に
大きなドライブインに入った。40分の休憩らしい。

20190128235206f08.jpeg

注文したのはフライドチキンとミャンマー風 混ぜご飯
お腹も空いてたので美味しく頂いた。3800K
追記だが この休憩が最初で最後だった。

20190128235518516.jpeg

夜が明け 朝になりバスは山岳地帯をどんどん登ってるのが
車窓の風景からわかる。バスは相変わらず冷凍庫バスである。

8:30スタッフから到着したと告げられるがGoogleマップを
見ると目的地のニャウンシェまで 少しある距離だ

ここからどうしろと言うんだ! アジアの旅では珍しい事では
無いので諦めて下車して移動手段を探す。

20190128235318c9f.jpeg

バイクタクシーはニャウンシェの町まで5000Kだと言う
もっと安い手段があるはずと探すと軽トラの荷台に
乗る移動手段があったものの乗客が集まるまで待機だそうだ

20190128235514b56.jpeg

暫く客も集まりそうではないのでミャンマー風 喫茶店で
軽い食事をして周辺の散歩に出かけた。

201901282358437e8.jpeg


20190128235846c55.jpeg

1時間ほど待つが他の乗客が集まらない軽トラ
ドライバーはチャーターしろと即してくる。
どうしたものか。。。

201901282358362d0.jpeg

捨てる神あれば拾う神もある。。。
今回もこの言葉どうり ニャウンシャの町へ用事に行く
叔父さんが1000Kで乗せてくれると言うので
二つ返事でOKして身を任せた。


関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY