FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


シラチャからチョンブリ乗り換えでチャンタブリ

2019年 2月17日

当初 シラチャから近い ラヨンの町へ行くはずだった。
ラヨンは20年以上も前になるが対岸に浮かぶサメット島に
行く際にアプローチした町で 当時はまだ勤め人だけに

短い休暇しか取れず 着いて直ぐにソンテウで港まで行って
そこからボートでサメット島へ渡っただけなので
町の全貌を見ていないままである。

ところが当ての無い旅だけに いろいろと調べていると
チャンタブリと呼ばれる町を紹介しているブログに行き着いた。

そこには「歴史を感じさせる街並みには絵になる風景がたくさん」
それならば 行き先を変更とチャンタブリを目指した。

2019021723215490d.jpeg

先ずはチャンタブリまでのアプローチを調べていくと
方角的にはシラチャから東寄りなのに 西側へ戻る必要が
あり ソンテウ発着地点のスクンビット通り ロビンソン前に

待機しているドライバーに聞いてもやはり一旦 西側の
チョンブリまで戻れと言う 大阪で例えると 天王寺から

堺市へ行きたいのに 一旦 京橋駅まで行って京阪電車で
堺市を目指せと言ってるのと同じである。
僕としては紀州路快速で堺市へ行きたいのである。

どうやらシラチャの山側にバイパスが通っており
そのバイパスへはシラチャ からは入れず 戻る必要が
あるようである。言葉の壁は厚いと再確認した思いだ。

先ずは画像のシラチャ ロビンソン前から8:20発 ロットウ 40Bで
30分ほど バンコク方面のチョンブリへと向かう。


20190217232154841.jpeg

ドライバーにはあらかじめ チャンタブリへ向かう事を
告げているので 乗り換え地点で降ろして貰えるだろう。

乗り換え地点はチャンタブリ 中国寺院の横に
ロットゥ営業所があり 誘導が現れ フォローしてくれ
9:00発チョンブリへのロットウに乗り継ぐまさしく
ドアtoドアである。チャンタブリまでは160B

201902172321544b5.jpeg

11:30分 チャンタブリーのバスステーション前で
降ろされ 宿まではGoogleマップで見るところ
歩いて20分くらいなので 土地勘を養うために徒歩で向かう。

シラチャ 以降の乗り換え 乗り継ぎが 余りにも接続良く
写真も撮ってる間もないくらいだったので
Googleマップの画像を拝借し 貼っておいた。

20190217232147848.jpeg


Muang Chan Hotel
50/8 Soi Stepping Sukhapibal Tambon
Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi,
Chang Wat Chanthaburi 22000 タイ

迷うことなく到着

20190218074505639.jpeg

ファンルーム シングル トイレ シャワー テレビ
シャワーの栓は1つだったので水シャワーと覚悟していたが
太陽熱か? お湯が出たので洗濯もしておいた。

201902172322163c8.jpeg

ファンルーム ダブルベッド テレビ 水シャワー
280THB 950円

201902180745053ee.jpeg

今朝はご飯抜きで移動したので昼食は宿から近い
食堂が並んだところで カオマンガイ 30B 100円
野菜と肉の餡かけ40B 140円

2019021807450736e.jpeg

夕呑みは宿から歩いて10分 ナイトマーケット 屋台街
クラゲ コーン 野菜 酢のものサラダ 50B 160円
ホイトート 牡蠣のタイ風お好み焼き 40B 130円



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY