FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ ハートレック国境からカンボジア ココンに抜ける

2019年 2月25日

3年ぶりに タイとカンボジアの間の
最南端国境を 海を見ながら越えた。

そこには外国人をカモにする輩(ヤカラ)
ボッタクリのクソ親父がいて さまざまな
ものが入り乱れる面白さがあった。

20190225160806416.jpeg

今日はタイ トラートからカンボジアとの国境で
あるハートレックに目指してカンボジアへ抜け
宿が集まってるココンの町まで行く予定である。

以前にもこの国境越えは利用しているが 今回とは真逆で
カンボジア側からタイへと抜けトラートにたどり着いているが

大体は要領は心得ているが 違うのはカンボジア側で
アライバルビザを取る儀式が待っている。

201902260730105bc.jpeg

聞くところによると 未だに賄賂が
はびこっていたり 自称代書屋と言うのが現れ
入国カード記入のお手伝いと称して金を請求して

くるとか ネットの拾い読みをしていると悪い話し
ばかりヒットする。未だカンボジアは腐敗しとる。

20190226110235b80.jpeg

宿をAM6:10 薄暗い中 出て行き市場周辺で
バイクタクシーを拾い バスターミナルへと向かう。

国境での混雑を避ける為に早い時間から行動したものの
国境行きのVANは有るのだろうか?

20190226110201fdd.jpeg

そんな心配も不要でバスターミナルの一番奥の
国境行き乗り場にVANは止まっていた。
既に客が1人いたので 私は2番目である。

20190226111054a8a.jpeg

ある程度 乗客が集まり7:10分 出発した。
国境の20分くらい手前に小さな町があり
ゲストハウスもありそうで地元民が数人降りていった。

こじんまりながらも商店も食堂もあるし
旅行者でも困らなさそうなので機会があれば
一度 途中下車したい思いにかられた。

(小さな町 Googleマップ 記載は帰国後にでも)

20190226110159f80.jpeg

8:45 国境に到着後 VANから勝手に人の荷物を
降ろして大八車で運び出す人間がいるが
(手ぶらで国境を抜けれるようなサービス)

お金を請求されるだけなので 荷物を奪って
イミグレへ進み タイ側は滞在日数の確認後
スタンプを押してハイお終い グッバイ タイランドである。

20190226110517db2.jpeg

続いてカンボジア側のイミグレに向かい歩いていると
いろいろ話し掛けてくる奴がいる バイタクのドライバーの

ようだが 気をつけないと自称代書屋かも知れないので
無視しているが 相手もしたたかである。

入国カードに記載してアライバルビザを貰うのは
別室へ入れられて国境係官がもう一枚のカードを代書する。

何やら胡散臭いが 拒否すると入国出来ない
その後 係官が37ドルとひと言。。

201902261102378a9.jpeg

確か値上げしたのは承知だが35ドルのはずなので
聞き直すと眉毛ひとつ動かさず37ドルだと言う 。

さすがに顔色も変わって来たし これ以上 言うと
入国出来ないのも困るので素直に従った。

後々 調べると旅行者がツイッターで国境での出来事を
同じように書いていたので貼っておく。


カンボジア入国後 まとわりついてたバイタクで3ドル
ココンの町を目指す。(途中 日本の援助で架けられた橋を渡る)



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY