FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


カンボジア ココンの町から自転車でタイ国境まで往復20キロ


2019年 2月27日

タイからカンボジアへ入国して国境から3ドル払って
バイクタクシーでココンの町へ移動した時にふと この道を

自転車で走ってみたいと思った。大きな川を自転車で渡るに
対して勾配がそこそこありそうだったので 降りて押せば

良いんだと 気楽に当日は昼ごはんを国境で食べれる時間を
考えてAM10:20に短パン 半袖 草履で宿を出た。

20190228094720028.jpeg

先ず走ろうと思いついたのは交通量が比較的に少ないのと
カンボジア国境側が中国の資本が入りカジノやら
ここは中国かと間違えるほどの漢字の看板が目立ったことだ

20190228095111ef8.jpeg

走り出して橋にたどり着いたが思ってたよりも勾配が
無くてママチャリで有ろうが押さずに渡りきった。

20190228094731b83.jpeg

バイタクで見た分岐点に出くわしたので右折して
国境を目指す。地元の大人はもちろん 子供であろうが

免許が無かろうがバイクの生活が根付いてるお国柄だけに
こちらを見る視線は冷たく 貧乏たらしい見世物だった。

2019022809473090f.jpeg

途中から勾配のきつい所があり 下りは楽ちんだが
上りは 大型トラックが通ると 土埃の中 押して上がった。

国境近くまで走ると 趣味の悪いカジノ付きの高級ホテルが
見えて来た。タイはギャンブルは 一応 ご法度なので

かつての国境カジノはタイ人を当て込んでたとはいえ
いまやタイ人向けというよりも中国人専用と言ってもいい

201902280949043cb.jpeg

以下 国境付近の様子である。
タイから運ばれる物資の数に対してカンボジアから
運ばれる荷物はほとんど見当たらない。

20190228095021f61.jpeg

2019022809502240c.jpeg

201902280951100f7.jpeg

201902280951112a2.jpeg

20190228095111fc7.jpeg

20190301000431104.jpeg

夜呑みで注文した海鮮焼きそばが出て来るまでと
つまみでとった茹で玉子と思いきや 有精卵だった。

フィリピンではバロット ベトナムではホビロン
アジア各地で強制剤的な食材である。

20190301000430108.jpeg






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY