FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


パラワン島 禁断の南部 Rio Tuba

2008  3月 8 ~ 9 日

パラワン島 禁断の南部 Rio Tuba

さて長時間のバス移動で全身ホコリだらけの身体を水シャワーで流したあと

パラワン最南端(町が存在する上の端) RioTuba を探検です

明日は早朝のバスに乗るので今日は積極的に町歩きをします


2008-p


ここRioTubaはニッケル鉱山が産出されるのか

ニッケルと書かれた大きな会社が町にありました

そのために町を横切るハイウエーは大型ダンプがこの辺りの道路一面に

赤土を巻き上げ埃っぽい町でシャワーを浴びても直ぐにホコリがまとわり付きます

2008-p

ハイウエーから眺めた町は、うすら寂れ赤茶けた景色は なんとなくタイ・カンボジア国境の

アランヤ・プラテートに似ていました

2008-p

商店の品も全て土をかぶり茶系だったのが笑えたと言うか哀れみを感じました

2008-p

ムスリムゲリラも心配でしたがビールが飲めるかも心配でした

なんなくサンミゲルもレッドホースも売ってまして助かりました

豚のバーベQも平然と売られてるところはカトリックも多いことを伺えます

2008-p

町からトライシクルで10分も掛らない所にバンカーだけが停泊してる港があり

ここからはパラワン島のさらに南のバラバク島へ2時間で行けるそうです

2008-p

この港も含めRioTuba手前でも以前に参ったタイの北部チエンライ同様にポリスが国境越えの

不法入国をチェツクする検問所が在りましたがノーチェックでフリーパスでした。 緊張したけどね

2008-p

港の商店街ではムスリムも数人見ましたパスポート無しで来たのでしょうか?

マレー系も多いです 検問所が存在する訳が解かりました。

2008-p

裏通りというか港の奥まった所は寂れた商店街です。

2008-p

インドネシアのムスリムは犬を不浄としますが、ここは大丈夫なんですかね?

2008-p

港近くの商店街は怪しい雰囲気が漂っていました。視線が痛いくらい私に向けられます

2008-p


2008-p

それとは別に驚いたことに夜、トロトロでビールを飲んでいたら

飯屋のマレーシア系の女主人が、この港からパスポートも要らずマレーシアのKUDATへ

19時間でバンカーで行けるそうです 打診を受けました。

2008-p

外人の私でも女主人の配慮で乗船、大丈夫らしいですよ

島伝いに移動するので天候に関係なくバンカーでも安全って事です

途中、アブサヤフは大丈夫なのか聞きましたら

サンボアンガの下のホロ海域へ行かない限り大丈夫って事です

ホロはヤクザが、いっぱいと笑顔で話してました もはやヤクザは国際語ですね

2008-p

この街では私のような、よそ者に対する興味なのか警戒なのか突き刺すような視線を感じました。

町行く人をウオッチングしてましたら私が解かる範囲で中国系・マレー系・ベトナム系が

確認出来ました今日は私がいるので日本も入れときます。

この二人もフィリピン人には見えませんね 笑顔もなく撮影後、緊張しましたですハイ


関連記事


コメント

毎日~!見てるヨ!!元気そうでなりよりです!今日道で恭○ネイ姉に会いました。元気でしたよ!日本もやっとジャケットが要らなくなりました
[2008/03/13 16:16] URL | 隊長 #- [ 編集 ]


こんばんわ。ご無事でなによりです。パラワンからバンカーボートでマレーシアまでいけるそうですね。お写真からもムスリム圏内の模様が伝わってきます。不法出国となると再度入国も不法入国となるわけですね。私がもう少しわかければ挑戦してみたいと思いますがね。お写真からも以前、タイ アヤンプラテート カンボジア ポイペト付近を思い出す風景が感じ取られますね。ポイペトの危険極まりない殺気立った土ぼこりと窃盗集団のにらみきかせた街並みはここでも、感じ取れます。島ではあるけど、国境貿易や人々の往来が激しいのかもしれません。こういうところ個人的にはものすごく、好きなんです。
[2008/03/14 20:47] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


ブログ友達のリンクをたどってやってきました。
パラワン、私も興味があったので、こうやってきれいな写真がみれてうれしいです。
いや、かなりイスラムの雰囲気が漂っていますね。
人々の顔つきもルソンあたりとはかなり違う気がします。

私もいつかダイビングがてらパラワンの方に行ってみたいと思っていましたが
思いがけず生な写真が見れて嬉しいです。

とりあえずお礼まで
[2009/11/22 20:19] URL | 高田 亨 #JyN/eAqk [ 編集 ]


高田 亨 さん、コメントありがとう御座います


パラワンの南部はフィリピンを旅するものから禁断の地とされていましたが

日本企業も有るとの事で今回、いっぱつ奮起し参ったわけでした

正直、プリンセッサからここまでのローカルバス移動が窮屈で

自分なりに大変だったのを今も思い出されます

これと言った景勝地もないのですが僻地・辺境好きには

心躍るものを体験できたのが良い思いでとなりました。
[2009/11/23 10:48] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/178-82d5564c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY