FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


サコンナコン おすすめホテル Imperial Hotel Sakon Nakhon,

2019年 4月2日〜

あらかじめサコンナコンでの宿は Googleマップで
第2希望まで決めていて バスターミナルから市内に入り

BigC 方面とドライバーに伝えていたので地図を見て
宿に近そうなタラート(市場)の前で下車する。

下車した近くに Imperial Hotel と書かれたゲートを
確認するものの先ずは第1希望の宿を目指したのであるが

宿らしき建物が見つからない。周辺の人に尋ねるものの
分からず 警官のお世話でバイクに乗せてもらい向かった先は

繁華街 商店街から離れた静かな地区 間違い無しに夜間は
野犬がうろつきそうで外出を控える方が賢明な場所だ

20190407094836ef5.jpeg

結局はソンテウを下車した市場まで歩いて戻る事にした。
途中 親切に送ってくれた警官のいるところは避けた。

さて第2希望は結構離れている。それならばと
最初に看板を見たImperial Hotelを訪ねることに

20190407094836fa7.jpeg

外観共に入り口も立派で 今まで泊まり歩いていた
安宿とは違う雰囲気だけに これは無理だなと思いつつ

とりあえずは料金を聞くだけとレセプションに行くと
エアコン付きで450B 1500円と予想していた価格より
低いのだが 言い値だけに350B 1200円でどうかな?

聞くと奥にいたオーナー夫人と思われる人が即座にOKと
言うので 厚かましく3泊するから900B 一泊 300Bは?
再度 打診をすると受け入れてもらえラッキーであった。

2019040709483168f.jpeg

もしも警官に遠方まで連れて行かれて無かったら
体力は余ってるので 第2希望の宿まで歩いていた事だろう

後日 第2希望の宿を確かめに行くと
Googleマップで検討を付けていただけに

350B 1200円でそこそこ良かったのだが
Imperial Hotel と比べると2ランク以上は劣る。

2019040710100263d.jpeg

ホテルの入り口からレセプション周辺の
中高級ホテルにありがちな くつろぎスペースも

当然ながら有り ネットは部屋の電波が弱いので
このスペースをよく利用した。

20190407101038aaf.jpeg

一角には cafeスペースもあり ホテルでありながら
アイスコーヒーも25B 80円で提供している。

20190407101045e6e.jpeg


2019040709480164a.jpeg

エアコン テレビ 大型冷蔵庫 ホットシャワー
近くに市場があるので 果物マンゴー パイナップル
買い込んで冷蔵庫に貯蔵して朝食に役立った。

20190407094820b0b.jpeg

特別広い訳では無いが1人なら十分で毎日の掃除に
バスタオル ベッドシーツ ミネラルウォーター
シャンプー類など 滞在中は毎日 補充された。

20190407101040974.jpeg

300B 980円 なんて日本では絶対に考えられない
日本に観光に来るタイ人は はるかに狭い部屋に
泊まって高い部屋代支払ってと思うと申し訳ない。

20190407111205c37.jpeg

ホテルの名前が書かれたママチャリも無料だ
バナナも毎朝 籠に入れられて無料である。

201904071015045d3.jpeg


20190407101043ed8.jpeg

残念ながらホテルにはスイミングプールは無いのだが
歩いて数分のところに有料スイミングプールがあって

60B 200円 フードコーナーもあり 注文すると
プールサイドの日陰テーブルスペースまで運んでくれる。
一応はアルコールは禁止だが隠しビールをした。



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY