FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン パラワン島 プエルト・プリンセッサ 水上スラム 1
2008 3月10日


パラワン島 プエルト・プリンセッサ 水上スラム 1


パラワン南部の町 RioTubaから延々8時間バスに揺られプエルト・プリンセッサに

帰ってきまして その日は疲れから爆酔であくる日の町歩き報告です

今日は朝から快晴で午前10時頃で既に30度は越えたのでは

なかろうかの猛暑のなかで撮影 ぶら撮りも汗だくです


map_20080311224155.jpg


2008-p

町のメイン通り空港へ伸びてる通りのRizal Av からパランケの方ヘ入って行く道です。

猛暑で腐敗してるのにゴミをあさってますね 

2008-p

パブリックマーケット内の食堂です

猛暑で市場の中の空調が悪く食欲も湧きません

2008-p

こういった食堂は喫茶の役目もしており午後の暇な時間はよく利用しました

2008-p

プエルト・プリンセッサはムスリムの方も多く住んでおられ、この市場でも多く見られますが

食材など区分けされてる事もなく肉なども豚、羊、牛と市場の売り場は混在してます。

2008-p

こんな暑い日は港でも行って海風にあたるのが一番かとパランケの撮影を早々に済ませ

ローカル船が集まる方のプエルトの小さな港へ向いました。

2008-p

ローカルの港です ここから陸伝いへのバランガイへ行けるように渡し船が出ています

この港の上はプエルト空港の航路ですね 着陸間際で実際はかなり低空飛行でした。

暫くのあいだ汗がひくまで港の防波堤で海風にあたりながら、ぼ~っとしていたら

2008-p

不法に建てたようなスクウォータと言うのか水上家屋がクモの巣のように海へ張り出してるのが

見えところどころに中へ入れるように放射線状に木で組んだ渡り廊下が存在します 

2008-p

コロンに滞在した時も例外ではないが、いつも水上家屋を海側からしか見た事がなかったので

今回は思い切って陸側から迷路のような木製の橋立の道を奥へ進んで行きました。

2008-p

家と家は、路地(橋)で結ばれていて路地は細く歩き慣れないとちょっと怖いです

ずんずん進むとスラムと呼びたくなるような貧しい横丁でした

2008-p

水上家屋のなかはサリサリストア 食堂なども有り 必要最低限のものも

スラム・迷路のなかで補うことも可能のようです

2008-p

調味料やらジンやラムなどの酒 あと冷え切ったバーベQなども売られてました

2008-p

海の上に貧弱な丸太を渡し、そこに粗末な板を置いただけの路地の両脇には

これまた粗末なバラックがひしめきあっていて辺りには異臭が漂い

わたしでも住めないな~ ってのが第一印象ですね

2008-p

迷路のなかを思うままにすすんでると当然のように住民からよそ者に対しての

警戒と威嚇とも言えないような鋭い視線が集まります

2008-p

水上家屋に住んでる子供は興味半分に近寄って来たり

フォト・フォトと言いますが大人は、そんなわけに行きません

2008-p

とうとう現地の言葉で邪魔者扱いのように怒られました

引き返すふりをして もう少しだけ路地を さ迷まよってから帰ります

ってかよく似た道ばっかりで迷って戻りたくても出口がわかりませ~ん (涙


関連記事


コメント

こんばんわ。私も路地裏探索好きなんですが、たまに住民にめんたんきられます。コワーイですね。タイ バンコク トンローのスラムではしゃぶ中ばかりに発狂されて追いかけられた苦い経験もありました。とんでもないのもいるけど、そこは居住区でよそものは警戒されるようですね。ときどきフイリピンマニラのスラムではとんでもないほどべっぴんさんにおめにかかることもあったりで面白いからやめられませんよね。
[2008/03/14 20:54] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


ソウルフルな写真です。
ちと思ったのですが、絞り優先で、絞りを開き気味か・・・絞り気味にしたら・・・もっとすごいかも。

参考までに。
[2008/03/14 21:56] URL | taka #9EIKJS8I [ 編集 ]


台風の影響で船が沈んだようですね・・。
島国はモロに影響するんでしょうね?
[2008/06/22 20:20] URL | 布袋@実家 #irIJ6Ii. [ 編集 ]



布袋さん

比国では毎年、大きな海難事故があるようです

払い下げの中古船が多いのでエンジントラブルから停止

それに伴っての二次的な事故と結びついてるのも理由らしいです。

[2008/06/23 07:43] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/179-8978170b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY