アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ミンダナオ島 南部をバス移動しています。

2008 3月13日


ミンダナオ島 南部をコタバト市へ向けVAN移動しています。



2008-p


2008-p



バス移動を示した地図はクリックすると拡大します!


ミンダナオ島・南部をバスで移動しています

コタバトへ向けミンダナオ島PAGADIANからバスに乗ろうとターミナルへ行くとここから東へ行く

バスは現在ないと言われる ここから出てるバスはOZAMIZかもしくはデポログ行きのみ

運行していてそれ以外は1BOX VANに乗ってコタバトへ参れと言うではないか

2008-p

そんなはずはないとターミナル中を探しまわるが同じ事を言われる別段1BOX VANであろうが

構わないのだが南部の陸地移動に神経質になってる私、なぜ運行していないかがすごく気に成る

( 韓国の払い下げVAN ヒュンダイ製 )

2008-p

先日バスが爆弾により破壊されたので危険なので運行していないのか

それとも単に乗客が少ない等の都合で運行していないのか後者だと気は楽なんですが

( どうでもいいけど首筋に年輪を感じるな~ 不肖あじあん )

2008-p

私の語学力では理解出来ませんでした サンボアンガへ戻るわけにも行かずVANの客人となる私です

( 物騒な車両も往来しています )

2008-p

コタバトへ行くシャトルVANはシートを通常より一列余分に取り付けてあり運転手を入れて

16人のきゅうきゅう詰めで7時に出発しました料金は1人300ペソで命を預けました(汗

2008-p

PAGADIANを出て暫くは牧草地のような開けた土地を尻目に走っていきます

これだけの人数が乗ると新車でもサスペーションが底付きするのにこの車は韓国からの払い下げ

( ジプニーの後ろにも護衛が付きます このVANの後ろも1台、護衛がついています )

2008-p

地面の凹凸をもろにひろい、お尻を何度も移動しないと乗ってられない地獄のあいのりVANです

小さな村を通り過ぎるたびに教会ではなくモスクが現れる嫌が無しでも

ミンダナオ南部を移動してるんやと感傷深いものがありました

( PNPの移動車両も頻繁に見ました 撮影したら目が合い、かなりあせりました )

2008-p

道は舗装とダートと繰り返し通り過ぎ山間部に入るとアーミー柄の戦闘服の人間が現れ

時にはVANを止めるのでその度にPNPとアブサヤフの区別のつかない私はドキドキもんでした

2008-p

VANは定員オーバーで重量だけはやたら有るのでコーナーでのグリップが良いのか

猛スピードで走りぬけコタバト市内へは11時30分に到着です

コタバトに無事に着いた時は胸をなでおろしました こんな移動はこりごりです

よく見るとコタバトって書かれたゲートもモスクをイメージしていますね

只今 ムスリム圏まっただ中です 宿を探しシャワーを浴び 続いて町探検です!


関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/187-2d915d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。