アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン カビラオ島
2008 3月28日

まずはカビラオ島に滞在中、誰しも1度は世話になるポラリスリゾートから探索です

情報によると数年前まではバジェット旅行者も気軽に宿泊できる値段だったそうで

最近はプールなどの施設を増築、高級化をはかったそうです

今回も満室だったように客の要望に答えて高級化は正解だったようですね

現地に溶け込む低層階の建築スタイルは高級化をはかっても綺麗ですね

サバンのような隣国が建てた周りの景色にそぐわない建物からしたら好感を持ちました


ポラリス・リゾートのサイトです。


2008-p

私は安宿派ですが時としてダイビングなどで訪れ短い滞在の時は

プールが有る無しは需要な宿選びの選択分子です

2008-p

私の宿の隣にあるポラリスリゾートダイビング&スノーケリングで来られるなら

ここをお勧めします1400ペソから部屋は選べますよ (要予約)

この島は電気が来るのはPM6時~PM11時30分だけですが

こういったリゾートはジェネレーターを備えてますので24時間、大丈夫ですよ

2008-p

宿泊した宿は違いますが滞在中の食事は、ほとんどポラリスのレストランで頂いたので

スタッフとは顔見知りになり 時おりハンモックを使わせて頂きました

2008-p

食事だけなんで厚かましくプールまでは失敬しませんでしたが

宿泊客でなくても併設のダイビングサービスを利用すれば泳いでも大丈夫らしいです

2008-p

ゴミひとつ落ちていない綺麗に管理された庭は見ていても癒されます

2008-p

ポラリスでランチ後、よく利用したプロックで日陰に海からのシーブリーズと

眠気を誘発したものです ここから海へ階段が有りスノーケルはもっぱら

この場所を利用しました

2008-p

ポラリスに併設したダイビングショップで画像のスタッフに聞くと今は、ハンマーヘッドは

出てないよ の一言でスノーケリングに切り替えましたがスノーケルでじゅうぶん満足の海です

2008-p

庭にある船をかたどったバーですね

2008-p

夕暮れと共にディナー前のアルコールタイムとゲストが集まり出します

2008-p


一応、室内のレストラン テーブルは有りますが庭園の備え付けテーブルの方が落ち着きます

暑季であろうが日本のようにウエットでなく夜風もサラット快適でした



明日は、このリゾート地域をはなれ村へ探索に繰り出します

島の地図を見るとサリサリストアなどが有りそうです


明後日、ボホール島 タグビラランへ向けてボートの出る港それにスケジュールも

下調べも兼ねます  スタッフには、ハバルハバル(バイクTAXI)を利用することを

強く勧められましたが、あえて断り3~4時間は歩くつもりで ゆっくりと島を歩きます



関連記事


コメント

明日の更新が楽しみです。

実際問題として、ボホールまで足を伸ばすのは難しそうですが、、、、

とりあえず、もあるぼある(ひらがなが似合います)ではなく、マクタンに滞在して、
「○リアンが多いから、向こうに行こう」
と、古女房にかすむボホールを指差して、のたまい、その後今回目的のセブ南部に直接という、アジアン旦那とは逆ルートを考えております。

よく説得に使う手ですが、最高のルートだと結果all rightのようです。
とりあえず黄色いガイドブックで行ってしまうもので。。。(サバイバル キットの黄色い方ではありません}

しかし、この島は穴があったら入れてしまう私には穴場ですね~。
[2008/08/27 23:50] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


お久しぶりです。素晴らしい海とリゾートですね。こういうところへ是非 女のこと行ってみたいな。きれいなプールみると泳ぎたくなります。もちろん海でもね。
[2008/08/28 20:12] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]



火遊び師さん

セブも含め ここらでの、お気にの宿さがしは需要です

セブの宿も過剰気味になって来たのでディスクントも可能です

マクタンも良い宿に当たれば楽しいらしいですがね

なんたってマクタンGoGoですもの (汗



針生さん

ご無沙汰です 楽しい旅に成りましたでしょうか?

私も残すところフィリピン北部だけで本音は久しぶりに他の国へ

参ってみたく うずうずしています

今回もPiccさんのコーナーで旅の様子を伺えるのでしょうか?

まずは お帰りなさいませ

[2008/08/29 10:58] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


おはようございます。ルゾン北部の山岳地帯は時折、大雨で登山もいたしましたが、やむ終えず市内に戻り休養し、帰国いたしました。バナウエバタッド 地域は険しい山道であるからこそ、素晴らしい絶景ばかりでした。次回はアンヘレスを基点にアラヤ山 ピナツボ山を目指します。雨季の山はきつすぎます。乾季に登山いたしますわ。素人ギャルが大勢ハイキング好きが多いので仲間に入れてもらいます。本当にアウトドア派の若い女の子多いですわ。
[2008/08/29 12:36] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]



針生さん

凄いですね 北部をトレッキングされてたんですね 楽しそうですね


私は残すところ北部のみなんで

バギオ サガタ バナウェイ ビガン etc

次回、訪ねる予定です 2週間も有れば、まわれそうですか?

後はインドシナ他国を訪ねたいです

フィリピン人は、あまり歩かないと思ってましたが

ハイキング好きがいるとは意外でした レポート有難う御座いました。

[2008/08/29 23:07] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんばんわ。雨季は避けたほうがいいですね。3月~5月がベストだそうです。山女は足腰が強いです。車なんかありませんからね。バナウエやマウンテンプロバンス地域は、バリバリに危険なクライムでした。登りはいいのですが、大雨でくだりがすべるのなんのって。よく生きて帰れました。下界は谷底。だから美しいでしたけど。2週間では足りません。サガダはたくさんのトレッキングがあり、バナウエも温泉や登山、滝 是非ゆっくりトレッキングしてきてください。女性ガイドも多いです。ヒマラヤトレッキングとは一味違うフイリピンらしい最高の自然の恵みです。
[2008/08/30 18:09] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]



針生さん

苦労したぶん甲斐があったようですね

次回はパラワンの知り合いの お店も手伝わなければ、ならないので

あまり時間がとれないので北部の王道 バギオ ビガン サガタをちょろっと

探索程度で終わっちゃいそうです

針生さんのレポートを聞いてるだけで感動が私にも伝わって来ました。

[2008/08/31 09:25] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/204-e7f3e22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。