アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン カビラオ島を離れボホール島へ向かいます
2008年 3月29日


カビラオ島を離れボホール島へ向かいます


恒例の朝のビーチウォークも済ませ

本日、ボホールへ向かう為に宿の女主人に、お隣のサンディガン島へ

渡し舟が出てる昨日、訪れた港へ行きたいのでバイクタクシーの手配を

申し出るとラッキーな事に女主人は今日、ボホール島のルーンまで

用事が出来たので出かけるからバンブーリゾート(私が泊まった宿)の

ビーチからバンカーでサンディガン島~トラックでルーンへと参るので

乗って行けば良いと言ってくれる またまた拾う神のお出ましに感謝する


2008-p


ルーンとはボホールの県庁所在地タグビラランから北へ40分ほどの距離で

私も、その町を通過して市内へ向かう予定だったので実に都合が良い


2008-p

8時50分 女主人のおんぼろバンカーでカビラオ島を離れ

まずは、すぐお隣のサンディガン島へ向かいます

2008-p

島々の位置関係は、ご覧のとおりです

ボートはドロップオフとの境目を航行してるので水中の景色も楽しめました

2008-p

バンカーは燃料代節約のためエコ運転です 通常15分程度で着きそうな

距離ですが30分近くかけて、のんびりです

2008-p

サンディガン島の港です

昨日、歩いて訪れたカビラオ島の港と渡し舟が結んでいます

2008-p


私たちのバンカーは港には横付けされず少し離れた女主人の知人宅へ横付けされ

私たちは洗濯物をくぐり敷地内を歩きます

2008-p

敷地のはなれにガレージが有り ここからは、この軽トラの荷台に乗っかりLOONまで行きます

2008-p

出発してすぐに港に止ってるタグビララン方面行きのバスを確認出来ました

2008-p

サンディガン島とボホール島はマングローブを伐採して道を通した景観でした

何度も小さな川を渡ります 小さな島(土地)が点在するので簡単に橋がかけられ

陸地づたいでボホールへ向う事が可能なんでしょうね

2008-p

こういった島と島を結ぶ橋で代表的なんはマクタン大橋ですね

ここは、ず~っと規模の小さなものです

この先のボホール島とリゾート地アロナビーチがあるパングラオ島も

同じように橋が架かっておりジプニーなどが往来しています

2008-p

マングローブの小道を抜けると島の主要ハイウエィに出てルーンの町です

数日間、島で暮らしたのでパン屋さんや食堂を見るだけで すごく都会に

見えてしまうから不思議です 同時に車のクラックションの不快音も飛び込んで来ました

2008-p

LOONの町です ここまで送ってくれた宿の主人と息子さんです ありがとう御座いました。

2008-p

ここからはジプニーで30~40分でタグビララン市内へ向かいます。

2008-p


タグビラランの宿は数年前にもお世話になったカリスマロッジ300ペソ780円です

ディスカウントを要求すると 二泊すると5パーセントの割引をしてくれます

カリスマロッジ前の宿はロンリープラネットにでも出てるのか白人が多かったですが

CR、シャワーが共同で300ペソと同じなんで今回もここへ決めました





女主人のお陰で11時にボホール市内へ到着


今日も、まだ時間が有る事なんで


チョコレートヒルへプチ観光へと参ることにします




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/205-3769dc53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。