アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン シキホール島での安宿さがしを寄り道し高級リゾートへ
2008年 4月4日

(通告) 週末は、にわか猟師で日本海の方へ友人、数名と

お泊りに行きますのでコメントは週明けでも書かせて頂きます



シキホール島での安宿さがしを寄り道し高級リゾートへ


位置的にはシキホールの南部 サヌワンから約3~4キロLAZI方向へ向かいまして

左右に数軒、サリサリストアーや地元客相手の食堂トロトロが見えて来たら解りずらいですが

右側にココグローブリゾート入り口が有ります。ホテル側も承知か最近は入り口に

西洋的な建物・モニュメントを建て周りと差別化を図ってるので以前よりは見つけ易いかも?


2008-p

ここはオーストラリア人の建築家マイク・バトラー氏が経営者だそうです

ダイバーではなくても、リッチで静かな休暇を好む人にはおすすめですね

2008-p

シキホールで一番?高級なリゾートです 高級って言っても2200ペソから泊まれますよ~

敷地内は椰子の木がうっそうと茂り日陰になってるので涼しいです

どうでもいいけど上から身が落ちて来ないか いつも気になってる小心者です

2008-p

私がここで寝ててもスタッフは部外者とは思ってなかったようです

私の服装はと言いますとブルースリーのTシャツにフィリピンの洗剤に負けてはげたユニクロの

半ズボンに偽クロックスのサンダル、日本じゃデパートでもつまみ出される姿です

2008-p

マジに今夜は このハンモックでも、え~わ~って具合でした。

2008-p

ここから沖合いへ小1時間程度バンカーで潜りに行くアポ島はシリマン大学の

海洋研究所の保護区だったこともあり海の状態はかなり守られています。

ダイビングフィーとは別にサンクチュアリ 保護区の名目でサーチャージが課されます。

2008-p

椅子のカバーがP人好みで私は気に入りません

まあ宿泊者でもない私が『気に入りません』と言えた 義理では有りませんがね

2008-p

アポへ潜りに行くにはドマゲッティが一番アプローチは近いですが

ダイバー仲間で名の通ったダイビングサービスが併設されたリゾートは

日本人専用の合宿所のような趣で個人的には好きでは有りません

2008-p

その点ここならリゾート内のアコモも整ってるし

シキホール自体も昔ながらのフィリピンが残る島で田舎で、のんびり過ごせますね

2008-p

敷地内に何箇所か有るレストランのひとつです

まあさしづめ ここはティールームですね

スタッフの女の子もオーナーの趣味か若くてマガンダでした。

2008-p

ココグローブのサイトです。ACCOMMODATION の料金は、かなり昔です!

現在は最低でも2200ペソくらいは言われます

2008-p

さすがにリゾートですね 忘れず女の子のハートを捕らえるスイートも揃ってますぅ

私は左に並んでるボトルの方がお気にですが

2008-p


今回の旅は ここシキホールで中断して このリゾートで泊まるか?

そういう わけにはいきません 私のランチより高いコーヒー代を支払い

ふたたび宿さがしです WAVE125のセルをまわし出発です





2007年のシキホール訪問です! 見て下さい!


@↑ 最後まで見終わったら前後へ進むとシキホール巡回旅の画像も見れます


関連記事


コメント

こんばんわ。私もこちらに50ペソの入場料を払い見学いたしましたが、実物より、お写真のほうがよく見えますね。私が見学した日はあいにく雨だったせいか、海もしけであれていました。こういう豪華なところ同伴でゆっくりしてみたいものです。しかし私には元来、野郎一人旅のほうが、性分にあっております。
[2008/04/08 20:46] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/213-bf1f70a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。