FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マニラ下町 スラム街のトロッコ列車 2

2008 2月21日


マニラ下町 スラム街のトロッコ列車 2


今日は、ここ最近のマニラ滞在中に通ってるPNRフィリピン・ナショナル・レールウェイで
沿線住民が不法営業?? している人力、トロッコに乗りに向いました。

列車の本数が少ないので住民がその合い間をぬって人力でトロッコを運営してます。

昨年までは線路際には住居がぎっしりと詰まりにぎやかだったのに今回訪れて仰天

キレイスッキリ立ち退きに成ってつぶされていました。

2008-p

速度はそれほど上げてはいませんが突如として警笛を鳴らしやってくる
PNR フィリピン・ナショナル・レイルウェイ

先頭の機関車をよく見るとフロント下回りが雪国の除雪用の大きなラッセルのように
なってますね 巻き込み防止なんでしょうが いかに障害物が多いかを物語ってますね

2008-p

LRT・Line2・Pureza・Staの近くですが

都市計画なのかLRT・Line2高架から南側(パコ)方面は
全て取り壊されていて 残念でした。

2008-p

それでもLRT・Line2の北側はまだ開発の波は押し寄せてなく
住民の懐かしい顔ぶれも見られました

投石除けのネットが窓一面にはられていますね
これのお陰でフィリピン鉄道旅は景色が見えにくく楽しみが半減です

2008-p

沿線ではバーベQ屋台も多く見れましたが所得に反映して
単価の安い鳥の頭などが多く売られてました。

バロットは食べたけど 鳥の頭だけはまだ食べた事がないな~

2008-p

カラー画像ではなくモノクロだったら日本の昭和30~40年代を彷彿させますね
これぞ下町 三丁目の夕日ですね

2008-p

手前のパンツ一丁のガキ大将のような風体で顔はすでにオッサン顔ですね

将来は ご意見番のバランガイキャプテン候補にしときます

2008-p

フィリピンで良く目にする光景ですね 幼児虐待ですかね?
大人が寄ってたかって頭を小突いてますね

いえいえ、そんなバカな事はありません頭シラミでも取ってるのでしょう

2008-p

熟していないすっぱいグリーンマンゴですね これに塩なり手前左側の容器に入ってる
バゴーンというエビの塩辛なりをまぶして食すのがタイやフィリピンで
年齢に関係なく好まれていますね 私も滞在中、1度は食べますね

でも野菜欠乏症になるフィリピンでは自主的に食べる方が良い食べ物ののひとつらしいですよ



2000年に私が訪れた模様です



2005年に私が訪れた模様です



2006年に私が訪れた模様です


関連記事


コメント

こんばんわ。自分の幼少のころを思い出す素敵な写真の数々ですね。まさにフイリピンの魅力のひとつとして、裏路地界隈、探索いたすと幼少のころにタイムスリップした感じですね。私も長屋のようなところに住んでいましたが、とにかく楽しかった思い出ばかりでした。フイリピンの現地人の家にもステイしたこと多々ありましたが、あのころはサリサリで飲んでもだれとでも話できるし、退屈しませんでしたね。まさに別世界でした。人間らしい生活なのかもしれませんね。ここに老人ホームは存在必要ありませんからね。孤独死もないでしょうね。ほのぼのとした3丁目の夕日ありがとうございますね。
[2008/05/30 21:08] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


針生さん

そのとおりで路地裏探索は興味が つきる事がないですね

最初は住民から突き刺さるような視線を浴びせられますが
別段、敵意を持ってる訳ではなく フィリピン人独特の興味からの
視線であって挨拶の一言でも飛ばせば空気は和むし

マニラ・エルミタなどの大都会であっても今じゃ取り壊された
わが町の幼少時代を過ごした70年代の生活を垣間見ることが出来ちゃうんですからね

そう言った意味で私にとってフィリピンはダイビンヅも出来るバイクでツーリングも出来ちゃう
エクササイズ感覚の下町探検・探索も出来ちゃう 不老長寿のような お国です
[2008/05/31 09:24] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/237-372ae225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY