アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン カラミアン諸島 クリオン島 3

2008 2月 25-26日

今回はコロンから日帰り出来そうなクリオン島へ来たものの帰りの船が無く

クリオン島の安宿で一泊と成りました。

コロンも田舎ですが  クリオンは数倍田舎です

後日に解った事ですが ここクリオン島からのボートは日曜日のみ夕方4時に
コロン島へ向かうボートが有り日帰り可能と言う事です

何故かと言うと日曜日はコロンの港からマニラへ向かうSuperFerryが発着するため
それに乗船する島民の足として日曜日は便数が1本、増えるとのことでした


フィリピン カラミアン諸島 クリオン島 


2008-p

コロンの港で見たマニラ行きのダルマ船が停泊していました

2008-p

港から少し山側へ登ったところにあるバランガイ(町内)です

2008-p

ここがジプニステーションです ここまでは港から15分は登り道を
上がらなければ到達しません ここから島の奥へ行けますが

帰りのジプニーは翌朝まで無いとの事です
もう私は学習しました 乗ってみたい衝動に駆られましたがぐっと我慢です

2008-p

ジプニーステーション近くのトロトロ(食堂)で娘さんは日本で働いていたとの事です

どうりでこの辺りでは一番立派なお店でした

2008-p

この島もコロン同様に町外れは未舗装です
このジプニーは先ほどジプニーステーションに止ってたやつですね

2008-p

港から離れたところにも少し開けたところが有り数軒サリサリが存在しました

いずれにしても地元民相手の小規模の店だけです

2008-p

前回の教会から見えてた下側の道です 綺麗に舗装はされてるのですが

これといった施設やらは見つかりません 子供たちが泳いだりの格好の遊び場に成ってます

2008-p

カメラをぶら下げた怪しいおじさんは直ぐに子供たちに見つかり

フォト・Phot ふぉと の喝采を浴び撮影会です

2008-p

我が国と違って怪しい異邦人でも歓迎されました

日本じゃ たちまち あっち方面のマニアと間違いがられるのがオチです

2008-p

いかに観光ズレしてないかは撮影後の子供たちの行動で判断できます

観光客の多く訪れる地の子供は撮影後 デジカメと知って シー Sea とこちらへ向かって来ます

もちろんここの子供たちはデジカメの存在をしらず サンキューで終わりました

2008-p

年上のオネエちゃん達と ちゃっかり一緒に並ぶ右端の子の表情がいいですね

今回も ほのぼのさせて頂きました ある本で言う これぞ 何もなくても豊かな島 そのものですね

2008-p


2008-p

私が宿をとってるコロンまでの帰りのボートですね
バイクも詰めるなら次回はコロンでレンタルしたバイクでクリオン島の奥
未開の土地へツーリングも良いな~と思った次第でございます

コロンの宿の叔母さんに何も告げずクリオンで一泊したので心配してないかな?

心配するわけないですよね 帰宅して その旨を話したら あ~ら本当のひと言でした


関連記事


コメント

こんばんわ。のどかな島の生活の様子がよく伝わってきます。子供たちの笑顔がなんともいえないほど、いい表情ですね。フイリピンの子供たちは、本当にいい表情ですね。平和な島の写真に今夜も乾杯ですね。
[2008/06/07 19:29] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


どうもご挨拶を申し遅れ、すいませんでした。
次の2月に息子を英語研修のためルソン島のインターに6週間ほど島流しにするので、その間の私の暇つぶしスポットを探しております。18歳未満は単独での入国はできないようなので、、、

しかし、クリオン島のリーフエッヂが気になる私に、『ドロップオフではないですよ』との簡潔なお返事には、まったく感服いたしました。

20年ぶりのフィリピン行きなので、気合が入っています。
29番バスで楽宮直行(今は家内となった彼女と一緒の時はジュライでしたが)世代の私一人ならバクラランに沈没しているのですが、なんせ今は5歳と8歳の娘も一緒なので、考えます。

素もぐりの私たちは串本海中公園の近くのダイビングセンターの前(もしくはイスラエルのエイラット)のように、ビーチからエントリーできるポイントを探しています。というのは、なかなかないので、バンカーで、小島に渡って(バリ島のムンジャガン島のような感じ)のエントリーでもいいかな~。船からのエントリーは落ち着かないので、避けたいですね。

マラパスクア島も気になっているのですが、シュノーケル派にも楽しめますか?
今は、ビッグララグーナはどんな感じになっているのでしょうかね?

また、ズバリご教示ください。
[2008/06/07 21:39] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


針生さん

いやぁ ほんとフィリピンは被写体には困りませんね
生き生きと外で遊ぶ子供の姿

我が国では過去のものに成っちゃいましたね



火遊び師さん

現在フィリピンで語学を習得される方が多いですね
そのよい例がセブでした 所々で日本・韓国の子供さんを見かけました

20年ぶりの渡比なら胸も高まるでしょう
思った以上の物価の高騰に驚かれるかも

田舎の島はプエルト・ガレラを除きあまり変化は無いかも?

今回のフィリピンで素潜りお勧めポイントをあげれば

1)カビラオ島 (ボホール近郊)

2)モアール・ボアル(セブ南部)

3)バリカサグ (ボホール)

この3箇所はビーチから少し沖合いへ行くと豪快に
落ち込むドロップオフです

ビッグ・ララグナ周辺も韓国資本の中級リゾートが建ち
宿代の高騰が目立ちました

長居するには環境 あらいる面でちょつと考えちゃいます

滞在中の一番の出費は宿泊代なんで いろいろなサイトで
レンタルハウスや長期滞在割引なども調べとかれるのも
重要と思います。

[2008/06/08 22:04] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/240-d280a112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。