FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン 2007 シキホール 再訪 1
 

さあ~ 二ヶ月ちかい旅の始まりだ!



2005年12月28日~2006年1月10日に訪れたフィリピン シキホール島に再訪する事に成りました。

この島にはNetで知り合った旅の大先輩 I 氏が自宅および来客用の 無料コテージ をシキホール島に建てられ

氏はフィリピンでの生活のノウハウも熟知されており滞在中に立会いのもと 公園とコテージを建てられ今回お世話になる予定です。

フィリピンには年に数回 訪れてロングステーを楽しまれておられる私の将来の バイブル的 存在です!

前回はタイ航空の無料特典旅行でしたが今回はノースウエスト航空の無料特典旅行です。
NWなら通常2万マイルで飛べるのに対してマニラ・関空間で3.5万マイル必要なタイ航空や
格安航空券ではマイルが貯まりにくい。加算率50%の日本航空よりもNWは使い勝手が良いです!

シキホ地図

しかも今回 私が訪れるシキホール島へはマニラから国内線への乗り継ぎが必要ですが
国内線のセブパシフィック航空と提携しているのでマニラからの
国内線に乗り継いでも無料で飛ぶことができる。

国内線を加えても、無料航空券に必要なマイル数は変わらないのが嬉しいね
2万マイルで日本→マニラ→ドマゲッティが往復可能です。

ただ残念なことに現在、私が住んでいる最寄の関空からのフライトが無く
中部国際空港(セントレア空港)まで出向く必要があるのが辛いです

@ まあ復路に名古屋のやまちゃんの手羽先でいっぱいしてほろ酔いで帰れますがね


シキホ地図

今回は特典旅行なのと今後のロングスティのプチ体験を視察することも考え
出来るだけチープな旅にてっしょうと名古屋までは近鉄電車でしかもアーバンライナーを使わず
急行で片道3時間強の名古屋となりますチケットは
梅田の金券ショツプで片道1400円で購入出来ました。
なんとも貧乏くさそうですが私はこの旅を修行と自分に言いきかせました(笑

シキホール島は、セブ島の南、ネグロス島のドゥマゲッティから東へ30kmほどのにある
周囲100kmほどの島である。大きさは淡路島と小豆島の間くらい

日本人が良く行くセブのマクタン島のビーチリゾートでは、相場が5000円から
10000円程度であるのに対しこの島では1000円以下から2人なら1人当たりはこの半額で済みます。

島からの帰りの国内線はあえてドゥマゲッティから乗らず陸路で
リロアンもしくはモアールボアル・アルガオあたりに立ち寄るかCeres Linerの直行バスで
セブの南ターミナルまで行き
北方方面のバスへ乗り継ぎマラパスクアかバンタヤン島へ寄るのもおもしろそうだ

聞くところによると途中ドゥマゲッティ北部のTampiと、セブ島南部のBatoの間は
バスがフェリーに乗るという
自称、海外バスおたくの私のツボを見事にとらえたコースどりのようだ

2007 フィリピン シキホール

5月6日
そろそろ梅雨入りかしとしと降りしきるなかパタゴニアのバックパックを担ぎ小走りで最寄の駅へ
近鉄つるはし駅11時17分発の宇治山田行きの急行に乗る
コンクリートの高い建物ばかりが目立つ市内から

うとうとしてる間に緑いっぱいの田舎へと風景は変わっていく
近鉄大阪線はこんなにも山深いところを
走っているとは今まで気づかなかったたまにはスローの移動もいいもんだ

2007 フィリピン シキホール

途中の伊勢中川で乗り換え名古屋と向かう家を出てからの雨は
未だに降り続き田植えが終わったばかりの
田んぼに水を潤えそんな景色をゆっくりと眺めながら電車は終点の近鉄名古屋に到着
さすがに大阪から重たいバックパックをかついで名古屋まで来たバカタレは私ひとりでした(笑

名古屋駅から名鉄でセントレア空港へ初めて乗る路線だけに興味深々でした。

(空港バス1200円・名鉄はエスカ地下街の金券SHOPで700円で購入できますのでお得です!)

中部国際空港(セントレア空港)

2007 フィリピン シキホール

そのまま地下街を歩き金券ショツプで中部セントレア空港までの名鉄電車の往復キップを購入し急行で
セントレア空港へ所要時間45分チェツクインの時間が有るのを幸いと往路の日程を延長してもらうために

交渉を開始するワールドパークス特典旅行の場合は名古屋-マニラ間だけを単純往復予約なら
手数料50ドルを支払えば往路の変更は可能だが今回はおまけとしてセブパシフィックの
マニラ-ドマゲッティ セブ-マニラも予約してるため無理は承知での交渉になる

国内線のセブパシフィックの営業所が日本に無いため難航する
チェツクインカウンターを行ったり来たりの交渉で一応は変更手数料60ドルで
全て済んだと思ったが後で現地で難癖をつけられるとはこの時点で思いもしませんでした
英語もっと勉強しなくちゃ

ノースウエストAir 71便 名古屋発 19:45   マニラ着 22:45 (マニラ滞在)

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/27-4fec1f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY