FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


極貧パッカーは カティクランの町に滞在し対岸のボラカイへ向かう!-2
2008 4月9日


極貧パッカーは カティクランの町に滞在し対岸のボラカイへ通う


前回に続きボラカイ島 泊まらずに日帰りぶらぶらです。

日もだいぶ上り砂の道でも焼けるような暑さです ちっとひと息

木陰の椅子に座りマンゴーシェークでも飲みながら足早に通り過ぎて行く

観光客ウォツチングしながら日差しから避難です

ジュース1杯で島の物価が手に取るように解ってきます

おかわり、しようもんなら宿代より高くつきそうです(笑

2008-p

主に画像は地図上の(以前のビーチ乗り入れ港)と記載してる地域のものです

2008-p

最近、フィリピン各地で時おり見られる緑藻の発生・着岸 

ここボラカイでも何ヶ所かで見ました 目の前で泳げビーチフロントを

セールスポイントにしてる宿 もしくはそれ目当てで予約を要れ来られた客は残念ですね

2008-p

観光資金がたっぷり入って来てるだけ毎朝の清掃は完璧で

綺麗なホワイトサンドが保たれていますね

2008-p

ビーチで、日がな一日 のんびり読書三昧 東洋人にはつらそうですね

2008-p

各ホテルやビーチ沿いのブースで募集してるオプショナルツアーが集合する場所です

主に한국인や餃子の国の方が、ほとんど占めてますね

2008-p

さすが痒いところに手が届くサービスが売りのボラカイではATMまで有りました

私みたいなカード派は観光地に有りがちな低いレートが当たり前の両替でも

全国 均一なんで利用価値は大ですね

2008-p

通貨など必要にしなかった自給自足の村から物の価値に目覚め山を降りて来たのでしょう

彼女たちは物乞いを生業としてビーチを徘徊してました。

2008-p

初めて訪れた90年代は このようなコテージタイプの宿しか島では存在しませんでした

2008-p

それが今では ごらんのようなハイセンスなホテルも建っています

2008-p

洒落た空間も日中の暑さのために使用してる人は見かけません

水着で来られる客のために作られたのかな? 

2008-p

一泊で私の10日分の滞在費だったりして

2008-p

ヨーロピアン相手のホテル??

いえいえ客の大半は한국인&餃子の国の方が占められてます

2008-p

極めつけですね これはこれで需要があるんだから とやかく言いっこなしですね



でも今回の旅で、ひとつ解って来ました

教訓


リゾート地へ訪れるなら 滞在中だけでもパッカー気分を忘れ そこそこの生活

多少成り贅沢をしなければ その土地の良さは解ってこない


それが嫌なら現在、情報などはネットで簡単に手に入る時代なんだから

私たちの先輩パッカー旅行者を見習い観光地には踏み入れるなってことですね





久しぶりに訪れた島で、ひとつ賢く成りました

そんな訳で負け犬パッカーは午後のフェリーでミンドロ島へ逃げ渡ります

確実に帰国地点のルソン島 マニラに近づいて来てますね




関連記事


コメント

こんばんわ。まぶしすぎる海の素晴らしさが写真から伝わってきます。
観光地化された地域は物があふれ、また娯楽も金を使えば満たされますね。旅人の選択肢は金を使うことによってだけ、満たされるわけです。まさに都会のお遊びと変わりありません。否定もしないけど自分とはかけ離れているものだと思って適当に使い分けています。短期旅行者が時間の制約の中で、満足できることはお金を散在することでしょうね。それはそれで結構だと思いますが、私の旅哲学とはちょっと趣が違いますね。
[2008/09/20 21:14] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]



針生さん

確かに旅の趣味嗜好が違うと言えばそれまでですが

その場所場所の遊び方・楽しみ方ってあると思うんですよね

例えば有名な遊園地へ入場料を払って入ったものの

乗り物が高く一度も乗らずに帰りましたと

それはそれで良いのかも知れませんが

それでは、そこの本当の楽しさを解らないと思うんですよ

これからも自分なりの旅のスタイルで参りたいと思いますが

老後のロングステー たま~にプチ贅沢させてもらいます(笑



[2008/09/20 22:20] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


素晴らしい観光地ですね!
私もローカル大好きですがたまに観光地も良いかなぁ・・
と思い、そのような所に行くんですが・・
やっぱり肌に合わないなぁ・・と思う事が多ですね。
[2008/09/21 07:50] URL | 布袋@実家 #- [ 編集 ]



布袋さん

ひとり旅をしてると都会育ちの悲しい性から時おり人恋しい 賑やかが恋しいと

成るんですが そこに観光客がサイクロンのように現れ早口の巻き舌で

怒涛のごとく襲ってくると、ふとわれに返っちゃいます

観光客を眺める観光客ウォチングも面白いもんですよ

時どきは華やかな観光地もクッションの役目に成りますね

[2008/09/21 18:11] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/306-811107ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
[2013/09/17 21:12]


Design&Material By MOMO'S FACTORY