FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン パラワン州 カラミアン諸島 ブスアンガ島

2008年 7月15日


フィリピン/パラワン州/カラミアン諸島/ブスアンガ島


スーパーフェリーやネグロスナビの船でコロンの港に近づくと必ず目にする

建造物(十字架)が山の上に立っています。 町を歩いていても必ず見える十字架

初めてここに訪れた時から気にはなっていたものの場所が場所だけに

見に行くのは、しんどそうだな~ って理由でついつい後回しにしてました


2008-pp

山の頂上に立ってるでしょう たいてい目にするのが日が昇った

あつ~い 日中とあって、また今度、次回に訪れた時と自分に言い聞かせてました

2008-pp

いきなり十字架、正体の画像です 一応、夜間は照明が点いて光るんですよ

停電の時は思ったとおり消えてるんで、なんとな~ 微笑ましい十字架です

2008-pp

市場の先、下のバランガイから このなが~い 階段を登ります

もう息が切れてたいへんです こんな事で次回の旅でルソン島 北部 バナウェを

歩きとおせるか考えると不安なかぎりです(汗

2008-pp

島の外周道路 空港へ行く道が見えてます 。 この景色だけでも登った甲斐が有りました

2008-pp

この周りは小さな島々に囲まれ海上は波穏やかなのが解るでしょう

太平洋戦争の時分、日本の貨物船が、こんな所を航海していたんですからね

2008-pp

手前にコロン教会 右手に私が泊まってるSeaDiveの建物も見えますね

赤茶けた造成地が新しく移転する市場と公園になるそうです

2008-pp

真ん中、辺りがスーパーフェリーの着岸する港と桟橋ですね

遠くの山の下、辺りを小型バンカーを借り自ら運転して探索しました。



明日はバイクを借りてコロン空港とクラブパラダイスへ渡る港が有る村へ行ってみます



関連記事


コメント

こんばんわ。ナイス ビュー!高い頂上から見る海と島 最高の眺めですね。
[2008/10/03 19:13] URL | 針生 淳 #- [ 編集 ]


針生さん

たとえこんな所でも交通機関を使わず自らの脚で登ると

感動しますね この数倍の感動がバナウェで待ってるのですね!
[2008/10/03 22:54] URL | あじあんさん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/315-aa632db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY