FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マニラ 銃 安宿
マニラ

ずっしりと重いバックパックをかつぎNAIA空港に到着後、お決まりの宿探し
マニラでも1、2の繁華街エルミタ地区をポンビキなどの輩を交わしながら歩く

マニラ

往年の繁華街マビニストリートでサントスペンションという
うらぶられた様な安宿が目に入った2月とはいえ日中は30度を越える猛暑
バックバックを背負った背中からは汗がしたたり落ちてくる

多少の事は目をつぶろうと宿のレセプションへ向う入り口から10メートル奥入った所に
机ひとつのレセプションがありカギをもらい部屋を見る.......部屋は良くもなければ悪くもない

マニラ

しいて言えば値段だけが他のアジア諸国と比べると高い
でも宿とレストランが同居してて、いつでも冷えたサンミゲールビールがいただける

暑い中うろうろと宿を探す気にもなれず、ただ冷えたサンミゲールが飲めるという理由だけでココに決める
まさか、このえ~加減さで決めた宿と十数年来の付き合いに成るとは
この頃は思いもしなかった世の中わからんもんやね

マニラ

転載した画像とコメントとの時代が前後するが現在も存在する娯楽場である

ロハス大通りを一本内側に入ったアルハンブラ通りを歩いていると
『マニラ・シューターズ』という看板が目に入った。

何気なく入り口を覗くと画像1の男『MOURI』が現れ、入れ!と目で合図を送ってきた。
若かった俺は誘われるまま中に入った。

室内には目つきの悪い男たちの姿がちらほら
それが皆、きまったように制服姿、よく見るとマニラ警察の面々ではないか

マニラ

あとから知ったことだがここは現職の警官や軍関係者の射撃練習場だそうだ
アジアでは不良警察官が大手を振ってまかりとおっているのが常識
一瞬、身体が硬直したが時は既に遅し、なんとかなるだろう

俺はもちろん実弾の射撃など、したことはない。
MOURIはカウンターでまず拳銃を選べとうながす

俺は拳銃の知識が全く無かったので、手前にあったオートマティクの拳銃を選んだ。
説明によるとそれはコルト45口径USメイドらしい

MOURIが説明を始めた銃口を前に向けて歩かない、銃口を覗かない等
初歩的な事だけ言うと弾丸の詰まった箱を前に置いた。

マニラ

俺はヘッドホン型の耳せんと、飛び散る弾のカスから目を守る
黄色いサングラス型のアイ・カバーを付けさせられた。

初めて拳銃を握った。ズッシリとした重量感、両手で拳銃を持ち引金を絞った。
バーンという音と同時に、反動で手が上に跳ね上がった。手が痺れている。
拳銃を撃つと、こんなにも衝撃があるとは思わなかった。

後でアメリカ通の友人に聞いたところハワイやグアムなどでは
銃口を人に向けたり出来ないように拳銃は針金で繋がれているそうだ

なにもかも管理された国とは違うフィリピン
なんだが俺にとって楽しい国に思えた

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/32-e9f593a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY