FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン セブ島 モアルボアルからマニラヘ戻ります。
2008 7月29日

セブ島モアルボアルからマニラヘ戻ります。

今回は存分に水中も陸も楽しめたモアルボアル 8日間滞在して思いましたが

この地でのロングスティの場合は、この周りは月払いならけっこうコストパホーマンスに

借りれるコテージが有ることも確認出来ました (機会が有れば、いづれ紹介します)

何よりもパナグサマビーチは除きますがモアルの村を含め品物豊富な商店や

生活するにあたり生活物資が簡単に入手可能だし年老いてからの重要ポイントで

大きな病気をした場合でもキャピトルのセブシティまで行けば、何とか成ると言える

いろんな要素を兼ね合わせても私自身のポイントは高い土地です。


2008-pp

AM6:20

コテージを出る時にレセプションの女性に空港までのTAXIの、ご予約はされてますか?と

真顔で聞かれました ここの客筋では、ごく自然なことなんでしょう 

ハイしています もう表で待たせていますと思わず言っちゃいました(汗


客筋に反した私たちは、これからバスでセブシティへ戻るので前日に

ハイウェイ(バス乗り場)までのトライを頼んでおきました

この方が、くだんのレンタバイク屋の主 マッコイ氏です

本業はトライのドライバーですが愛車のWAVEを貸してくれます

2008-pp

ハイウェイで降ろしてもらいセブ市内へ向かうバスを待ちます なかなか来ません

20分は待ちました セブから来た時も同様で、ここで降りますよ

2008-pp

車窓からバイクで通過した懐かしい景色を眺めながら次はいつ来れるかな~って

考えたりする暇もないくらい飛ばします 沿線住民も心得てるのか事故は無いようです

2008-pp

セレスの黄色いバスは相変わらず他社とのチキンレースを繰り返し

2時間もすればセブ市街へ入ります 久しぶりの都会に戻って来ました

2008-pp

日本で乗ってるバイク(愛車)の悩みで荷物を置くスペースが無いので困っています

前後にカゴでも付けてと、あれこれ考えてるのですが日本では手に入りません


そうだ この方法があったんや~ って笑ってしまいました。

2008-pp

モアルを7時に出たバスは二時間後の9:30にはセブ市内の南バスターミナルに到着です

12時に乗るセブパシフィック(5J)のマニラ行きに乗るために

ここで待ってるTAXIでセブの空港へ向かいます

相変わらず走り出すとメーターを倒さず交渉して来るので相方と毎度の あうんの呼吸で

ドアを開け飛び降りる真似をすると OK OKとしぶしぶメーターを倒してくれます

2008-pp

国内線のターミナルは数年前から無料でインターネットが使える施設が有りますが

日本語は文字化けします。 今年も、まだ文字化けします 来年も同じでしょうね

2008-pp

セブを12:05分に出て1:30分にはマニラへ到着

滑走路に進入する前にいつも通過するハイウェイですね後方にマカティの高層ビルが見ます

2008-pp

思えば何度歩いたでしょうかマニラ国内線の敷地内を

さてトイレするので急ぎます

2008-pp

いつもの定宿サントスは1階の手前しか部屋が空いておらず

この部屋は以前に泊まりましたがレストランのカラオケがうるさく、よく寝れませんでしたので

相方のご好意で数軒、隣にあるフレンディHOTELに宿泊です。

2008-pp

朝食付で1600ペソ 都会に戻って来たぞっと 改めて実感しました。

お約束のロビンソンへ買い物の荷物持ちとして休む間もなく出動させられます

なんたってご好意で、ここに泊まらせて貰ってるので文句は言えません(笑

2008-pp

ホテルの朝食は数種類のメニューからチョイス出来ますが 

フィリピーノスタイル(魚・ソーセージ・ガーリックライス)は別に追加料金が

必要って言われました なんでやねん?

2008-pp

多忙な相方は、ひと足先に ご帰還です国際線まで送り私の任務は無事終了しました


この後、同じTAXIでドメ空港へ向かってもらいシキホールの友人に会いに行きます

フィリピンに関わってる方なら既に疑問をもたれたでしょうが普通ならモアルボアルから

陸地・ボートでドマゲッティ系由シキホールへでしょう?と思ったはずですが

私の任務はマニラまで送り届ける事が契約書でサインさされてました(涙



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/323-d23548a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY