FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン バナウェ ライステラス-1
2008 10月14~18日


念願のバナウェ 標高1200mの高原の町で、ひんやりとして、なんとも心地よい

街はローシズンで暇なのかバスから降りるとさっそく宿とかツアーへの

勧誘の人が待ち構えている、それらを振り切り、まずは恒例の宿探しなんですが

実は日本を発つ前から、もし空き部屋が有るのなら旅Webで見た

≪BANAUE VIEW INN≫ に泊まろうと決めてました その理由は今回

2008-09a

フィリピン滞在の2週間 ルソン北部 ノーザン・プロビンスの バナウェに

サガタ それに ポンドック と ビガン の4箇所を訪れようと予定しているが

季節が雨季だけに今回の旅でメインに位置づけている バナウェの

ライステラス&稜線プチトレッキングが最悪、雨や霧などで行けず

足止めを喰った場合はフィリピン滞在のリミット2週間を全て

ここバナウェにかけ、観光が決行出来るまで、この地で待機してやろうと

思ってるほど、この地に思い入れを持ってやって来たのだ

そうなった場合、宿で退屈のしない景色が、いつでも拝めれるのは

≪BANAUE VIEW INN≫ かな?っと思い第一候補とあいなりました。

ローシーズンで観光客も少なかったのが幸いし宿の2階部分は両サイドの

部屋を含め全て空いており滞在中プライベートの別荘のようにくつろげました。


2008-09a


1) 2)

部屋の直ぐ前の共同のテラスから見るバナウェの山並みと町並み

朝起きて直ぐのガスの掛かった景色と日中の景色、違った表情で楽しめ

なんど見ても飽きなかった それに宿は車道から離れているので閑静

でも食堂などが集中してる地域からも少し離れてるので

雨が降り続いてた夜は食事に出掛けるのが大変だったけどね


2008-09a


棚田観光の拠点となるバナウェは見たところとても小さな町のようだ

賑やかな場所を通り越し端から端までおそらく20分もあれば歩けそうな感じ

画像は町の中心、市場のある建物とジプニーステーション


2008-09a


このあたりはバスやジプニー、トライシクル乗り場のほか市場 いっぱい飲み屋

それにゲストハウスや お店が集中していて滞在中すべて こと足ります

何度も通ってるフィリピン これが同じ国かと見間違えるほど、ここバナウェは

空気も澄んでいるし町に漂っている生活のリズムも穏やかだ


2008-09a


部屋の扉を開けると左手に見えるライステラス 蚊など虫もいなかったので

昼間は部屋の扉を開けっぱなしで景色も堪能する

次回、訪れてもここに泊まるぞ!


2008-09a


町の中心にある市場と商店 ここもフィリピンとは思えないいでたちだ

小さなマーケットがありその周りに旅行者向けの小さなロッジが何軒が軒を連ね

街の中心部には小さな川が流れ四方は山々に囲まれ坂路だらけの街

毎晩、一杯やって食事をし終わり部屋へ戻る頃には息があがってました


2008-09a


朝市かな?っと思って覗くとボントック方面に土産物などをジプニーで運ぶため

積み込みしてました この景色の雰囲気、遠い昔どこかで見た記憶がよみがえる

そうだ、ネパールのカトマンドゥやポカラだ


2008-09a


≪BANAUE VIEW INN≫ 1泊 600ペソ 1300円、田舎にしては少々高いが部屋から

いつでも見れるライステラス、素敵でしょ この宿はバナウェの町のバスや

ジプニー乗り場から棚田のビュー・ポイントが点在するボントック方面に向かう

車道から枝道を150mほど脇に入った所にあります。宿の敷地内にMuseumが

有るので、それが目印かな部屋の中にトイレ&シャワーは付いてますが

昼間は、お湯が出なく夕方、帰宅後、おばさんにHotシャワーお願いと言えば

電気を入れ10分後くらいに使えます 




次回も、もう少しだけバナウェの町・市場を ぶらぶら見て歩きますよ



関連記事


コメント
ネパールを思い出します。
こんにちわ。楽しく拝見しました。私も数ヶ月前バナウエにいたのですが、写真を拝見すると懐かしさと違った趣で感じとることが、できました。
そうですね。バナウエ ヴューインは高台に建っているから、景観は最高ですね。私もネパールをふと思い出しましたよ。それにしても写真きれいですね。山岳地帯はいいですね。
[2009/04/25 17:14] URL | 針生 #- [ 編集 ]


毎度お世話になります。

「あっ、」と、下から2番目の写真を見た瞬間、声がでました。
スクロールすると、やはり。
まだ、バスの上に乗っても怒られない時代のカトマンズ、ポカラ間ですね。

と感傷に浸ってから小用に席を立っている間に、息子が勝手に閲覧して、
写真(3)の上へのコメント
「うちの近所と一緒やン」
確かに、青い屋根が三里小学校、緑の屋根を三里中学校と考えると、うちの北側の景観と同じです。

だから、私はここに住み着きました。旅の終着点です。

話は変わりますが、モアルボアルに決定です。ビーチは近くになさそうですが、遊べそうです。
また、遊んでくれそうなジモP-もいらっしゃりそうです。
豚インフルエンザが心配です。
大中小3人の子連れの小汚い東洋人を見かけたら声をかけてください。
きっと私です。レッドホースでもおごらしてください。(小瓶限定)
[2009/04/25 21:33] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


針生 さんコメント有り難う御座います


>写真を拝見すると懐かしさと違った趣で感じとることができました

私も針生さんの画像を見て感じました

自分と違った目線が同じバナウェから見えてきて興味をそそられますね


ノーザン・プロビンスを再度、訪れるのを楽しみにしてます




火遊び師 さんコメント有り難う御座います


>確かに、青い屋根が三里小学校

良い環境に、お住まいですね

私は田辺には知り合いのDive Shop ロコダイブ周辺しか
訪れた事がないので山手の方まで行ってみたくなりました


>話は変わりますが、モアルボアルに決定です


私ら一行の予定は24日~27日までモアール

28日はセブ滞在で29日はマニラです

夕方くらいからビーチ沿いの小道のバーベQ屋台で一杯やってますよ~
[2009/04/27 09:18] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/368-d424ba60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY