FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン バナウェ ライステラス-2
2008年10月15~18日

幸いして到着日から天候が安定してるようで 本命のライス・テラスへは

いつ行こうか迷うところだ と言うのも全行程8時間前後の予定で稜線づたいの

トレッキングもやりたいので体力的に1回勝負だと自分に言い聞かせていた

2008-09a

それに、なお贅沢を申すと撮影するにあたりあまり快晴過ぎても影が強くなり

画像的に好みじゃないので実際にはバナウェ到着のあくる日にはライス・テラスを

見るためバダッド村へそれと同時に稜線のプチトレッキングも決行していた


ここでは滞在中に探訪した町の画像をのせることにする


2008-09a


バナウェの中心でトライシクルなどが待機している辺りで目にする一見、ネパールや
チベットのゴンパ(寺院)や峠、橋などにある連なり架けられている小旗で

観音菩薩の真言「オム・マニ・ペメ・フム」 などが書かれて五色の旗 タルチョ
のような雰囲気を感じる、それらが違和感もなく町に溶け込んでいる


2008-09a


1)

町の中心には建物の一見、半地下のような所に市場があり、魚から肉その他の

食料が売られており、また同じ建物、階上には衣類、DVDなどなんでも売っている

2)

市場の奥には買い物客が主に利用するのかトロトロ (大衆食堂)も見かけました


2008-09a


3) 4)

市場内は一応、魚、肉部門と野菜部門に分かれている

高地だけに新鮮な高原野菜も確認出来たが魚類は、どこから運ばれて来るのだろう?

多少、割高なんだろうなと思いふけながらの見知らぬ土地での市場探索は楽しい


2008-09a


別の建物では規模は小さいが、それなりに、え~ 雰囲気 味を

かもし出してる雑貨屋などが見られた

ここの1階には項目最後に画像を載せてますが実にシュールな場末の酒場がある


2008-09a


5)

フィリピンではバナウェに限らず地方で時おり見かけるが

おのれで自ら巻く葉タバコを販売してる店を数箇所、見つけました

フィルターなど付けないしニコチンとかの含有料は、如何な具合なんだろう



6)

町を歩いていてジモピーの歯が赤黒いことが多いので、アジアでよく目にする嗜好品で

恐らくこれはキンマと呼ばれる葉と檳榔の実を日常、噛んでいるためだろうと予想してたが

フィリピンでは、それほど頻繁には見かけないのにバナウェの地元民が、いつからそれを

噛むようになったのかは定かではないが、この習慣はやや中毒性があり

お酒を飲んだり、タバコを吸う習慣と同じと考えられているそうだ

噛むことにより疲労回復作用、軽いハイ状態になるらしいが

私はまだ試していない 噛み方ですが、キンマと呼ばれる葉に白い石灰を少し塗り

そこに皮をむいた白い実の檳榔のかけらを一緒に巻いて噛む

噛み始めると唾液が溜まるので、それをペッと捨てる

その唾液が歯を赤くしていたり路上が赤かったりするわけだ

画像はキンマの葉と檳榔の実、そして白いのは石灰です。これを丸めて口にします


2008-09a


7)

バナウェ滞在中はピープルズ・ロッジ内にあるレストランに2回ほど

訪れました ローシーズンなのか、いつもガラガラだった

お茶するのにもテラスからの眺めが良くおすすめらしい

使用することはなかったがレストランの隣には日本語フォントにも対応した

パソコンが置かれてます。


8)

あれこれ迷うのも面倒なんで2回ともピープルズ定食で110ペソ 250円

チャプチャイと身が締まった唐揚げに コーンスープ この地の名物なのか赤米です。


2008-09a


9)

夜の町の様子ですが、赤みを帯びた頼りない電燈が、え~ 塩梅に町を写しだしてました


10)

私はフィリピン滞在中によくまとわり付かれるものが有る、ひとつは物売り

それと、ハエや蚊 それと何故か、オカマっぽい兄いちゃん

なんでか知らんが磁石のように吸い寄って来られます

ここはトライの溜まり場に近い場末の酒場ですが、なんとも廃れた雰囲気が

気に入って毎晩、通ったが決まって画像の、なよなよが近づいて来る



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/369-353e7f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY