アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン バナウェ 世界遺産 ライステラス-3
2008 10月16日


バナウェはルソン島中央のコルデリア山脈の山深いイフガオ州にある町

何をさておき ライステラスが有名、約2000年も前にイフガオ族によって造られ

天国の階段、世界8番目の不思議と呼ばれ、その昔イフガオ族が神への捧げ物として

ライステラスを作ったと語り継がれている

1995年ユネスコ世界遺産に登録された

2008-09a

バナウェ到着の翌日、前日予約しておいた朝8時のトライシクルに乗り

BATAD(バタッド)の棚田方面との分岐、ジャンクションで降ろしてもらい

帰りはジャンクションの先、バンガアン村の近くで拾ってもらう約束で

料金のほうが往復で1人450ペソこの時は同乗者がいたので、この価格だが

1人乗車料金は定かではないトレッキングのガイドは宿の甥っ子600ペソ

これもトライシクル同様で1人のみを引率してのガイド料金は定かではない

2008-09a

1)

街をぬけると直ぐに未舗装になり狭い車内は大きく上下に揺れる

トライシクルで棚田への分岐点、途中のBtad Junctionまで向かってます



2)

8時50分 Btad Junction着ここからは道が悪くトライシクルでは行けないらしく

ドライバーは16時頃この先のバンガアン村の近くで待ってるとだけ告げて

再度、街へ戻って稼ぐようだ

ここから左手の小道を少し上がったところでガイドいわく言うにはきつい上りだが

ショートカットの道だと言い後続に続くが私にはけっこう辛い上りが1時間近く続いた

2008-09a

1) 2)

ショートカットが終わり 歩きやすそうな道もあるじゃんって思っていたら

なんだ、ここまで車で来れるやん 4WDのジプニーなら登ってくることができるようだ

この周囲は熱帯林で日本では聞けないような鳥のさえずりがBGMで心地よい。

見晴台があったので登ってツアーのジプニー軍団を上から撮影する

ここには9時50分頃に着いた ジャンクションから辛かったな~

2008-09a

5) 6)


10時頃再び歩き出しバタッド村へは今度は画像左の下り坂が続き

細い山道をバダッド村のビュポイントに向かう

途中、ガキんちょに芸を教える なかなか愛嬌のある地元のガキでした。

2008-09a

下りはじめて50分がたち11時30分バダッド村が望めるビューポイントに着く

村の入口に茶店があり、寄って休憩する 食欲は無かったので食事の代わりに

グレープフルーツを大きくしたような果実を昼食代わりにする(歳には勝てまへん)

ここから、すり鉢状に広がる棚田が一望でき素晴らしい絶景のひと言だ

大満足で疲れも吹き飛ぶ

2008-09a

この季節、雨が多いので緑がすごく輝いてました

希望どおりの快晴でないので目がしみるくらい緑が、き れ い..............

2008-09a

バダッド村に向かって下ってみるその後、村の周りを探索、再びビューポイント付近へ

再度、戻ってからはジャンクションから行きしなに来た道を通らず今度は

バンガアン村付近へ抜ける 高度をかせげるので景色が楽しみだ

2008-09a

谷を下りて棚田のあぜ道を歩く谷の斜面には高床式住居があり地元の方が

生活しておられる横を通らせて頂き途中、イフガオ様式の高床の家 家

米の保管場所の萱の柱にはネズミの進入を防ぐネズミ返しがされていたり

杵で米を脱穀していたりと、なかなか都会人には興味深いものだ

2008-09a

これもお決まりのコースなのか、おとな1人がなんとか通れるだけの

石垣の上を歩いて進む石垣それ自体は普通に平坦なのだが一歩でもバランスを崩すと

すぐ右は田んぼの泥濘、左は、がけというスリルを味わえるコースどりだ



次回は、この先のバンガアン村までのプチトレッキング景色を紹介します。



関連記事


コメント

あじあの☆さん、いつも楽しく拝見しています。バンガン村トレッキング
よかったそうで、本当によかったですね。海 山 両方制覇されて次回は、私ともが主催する、やらしい探検隊 山岳部へご参加ください。次回は、中国、チベットまたは、西あじあへ向かいます?その前にAPO登頂かな?私も海の世界へ次回参加いたします。ありがとうございます。
[2009/04/30 19:03] URL | 針生 #- [ 編集 ]



針生さん コメント有り難う御座います。

>私ともが主催する、やらしい探検隊 山岳部へご参加ください

ほんと私も願っています まだ見ぬアンヘルス草原やゴーゴー山脈など
ガイド願えるのを楽しみにしています

でも中国4千年も一度、感染するとインフルエンザ並みの猛威ですぞよ

[2009/05/01 08:59] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/370-4d67c030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。