FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン マウンテンプロビンス州 ポンドック
2008 10月19日


日本を出て1週間目

2008-09a

昨夜は部屋の写真を載せるのも、ためらわれる極貧の部屋に泊まりもんもんとした

一夜を過ごした 宿自体は1階にライブも聴けるレストランが併設されており

なんら申し分ないのだが、わたくし150ペソと言う値段につられ投宿したのが

そもそもの間違いで一応、ガイドブックにも出てるパインズホテル宿の名誉のためにも

言っておきますが部屋のチョイスさえ間違えなければ

なかなか時代を感じられる建造物なので興味深いかもw

2008-09a

サガタへ参るジプニーが8時30分に出ると聞いていたので
それまで朝食を取りがてらポンドックの町を歩いてみた

バナウェでの涼しさを通り越し寒かった日々だけにポンドックは
それなりに暑く私の身体にはむいていたが、そのぶん蚊が飛んどるな~

2008-09a

ポンドックの町は中央に川が流れており、その両サイドに民家がみられた

川の反対側は行ってないので言い切れないが、たぶん商店や市場などが

多く見られる一帯はバナウェやサガタからまいるジプニーの停車場側の

一ヶ所だけやないかと思う 宿もこの辺りに集中している

2008-09a

温度差からか早朝は田んぼにガスが立ち込め なんとなく日本の風景に似ている

民家が多く見えてる地域は川の反対側で、どのように構成されてるのか

興味が湧くが時間が無いのが悔やまれる  次回の課題に とっておこう

2008-09a

1)  2)

8時30分 サガタに向けジプニーは出発 50ペソ

サガタへ参る道のりでも規模は小さいながらライステラスが見れた

それにフィリピンでは比較的、見ることの少ない綺麗な川が流れてる


3)  4)

9時20分 サガタの町に着く

標高が上がったので少し肌寒い、それになにかフィリピンでよく目にする町並と違うぞ

宿を決め早々に探索に出かけたい気持ちでいっぱいだ



次回はサガタの町なかを歩いてみます



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/375-5394f64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY