FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


25年ぶりのマカオ観光
2008年10月25日


一夜明けて今日は日頃の暴飲×2暴食の私生活を反省しつつ

エクササイズ も兼ねマカオの町を1日かけて歩き倒す予定です

なにやらネットで拾い読みしたところ2005年7月のユネスコ世界遺産会議において

マカオの22の歴史的建造物と8ヶ所の広場が「マカオ歴史市街地区」として

世界文化遺産に登録されたそうですが、とうぜん今日一日ですべて走破

できるわけもなく、それとは別に私自身は観光名所うんぬんより

近代化の波に日々取り壊されていってる昔ながらの長屋とか路地裏の

置屋の方が好みかつ、これこそ世界遺産で保存せねばと思ってる按配なので

本日の観光も世界遺産でなければ絶対に食指の進まないんですが

まあそこはそこ、それはそれリードがほどけた子犬のように

あっちにフラフラこっちにフラフラと目に付いた建物だけを大まかにまわってみました

それになにより地図らしいものは持ってないんだも~んw


2008-09a

セントポール 聖ポール天主堂跡(大聖堂跡)

1835年の火災によりその殆どが焼け落ちてしまいファサード(建物正面)と

階段だけが残っている 世界各国の言葉が飛び交っていつも観光客であふれてる

入り口扉が開いてたんで斜め向かいのアパートの屋上から写させて頂きました

2008-09a

聖オーガスティン広場

歩き疲れて日陰のベンチで休んでいたら判明しました世界遺産の聖オーガスティン教会

ドン・ペドロ5世劇場、聖ヨセフ修道院及び聖堂、ロバート・ホー・トン図書館が

立ち並ぶエリアの中心にある歴史の交差点だそうです

2008-09a

ペンニャ教会

1622年オランダ船の襲撃から逃れた船員や乗客たちによって建立され

1837年再建、1935年には全面的に建て直された。隣接する司教館は、

かつての東洋におけるカトリック布教の拠点となったところ。

教会前の広場にはマリア像が航海を見守るように立っている

説明文は、よそからパクリましたw 

2008-09a

韓国や香港に参ったときも、そう感じたんやけど

どうしてブ男なのに花嫁はべっぴんなんだろう?



マカオ歴史市街地区は世界遺産ではあるが大陸、中国の観光地のようにやたら

立ち入り禁止になったり入場料が必要になったりというのがないので嬉しいね

2008-09a

1)

写真は大きなカジノホテル ウィンマカオ(永利澳門酒店) ラスベガスを意識した

噴水池の前からリスボア・ホテルの旧館と新館を望む

2)

2006年9月6日にオープンしたスティーブ・ウィン氏、率いる

ラスベガス系最高級ホテル&カジノリゾートウィンマカオ(永利澳門酒店)

マンションが一軒、買えちゃうファントムが三台、止っていた

間違っても和平で泊まってるようなことは言えませんw

2008-09a

グランド・リスボア・ホテル

2008年オープン。マカオ半島の中心地に位置するリスボア・ホテルの新館

蓮をデザインした外観の52 階建て、高さ258mのマカオ最高層のホテル

外壁には6万個のLEDライトが使用され、夜のイルミネーションはひと際と華やか

夜になると金のある宿泊客目当てか怪しい小姐も出没してました

2008-09a

マカオで最もにぎやかな通りアンティーク・ショップ漢方店、貴金属店

土産物菓子店などが並ぶ中国名で「新馬路」(サンマァロゥ)と呼ばれる

マカオの目抜き通りセナド広場に面するマカオ最大のショッピングストリート

通り沿いには20世紀初頭の建造物が残っておりいつも多くの人通りでにぎわっている

2008-09a

セナド広場

周囲をパステルカラーの建物に囲まれ、波形模様の石畳が特徴の広場

街の中心部でここも常に観光客で賑わっている

ただガイドブックやWebなどで見てから訪れると、その規模にガッカリさせられるかも

現に私も、ここでくつろいでた英語の通じるフィリピン人にセナド広場はどこでっか?と

恥ずかしながら聞いてしまったくらい有名なわりにこじんまりと感じた




次回はマカオとの国境を越え中国、珠海からバスでいっきに広州へ参ります


関連記事


コメント
懐かしいですね
20年前に訪れたマカオと大違い。是非訪問してみたい。
[2009/05/27 21:00] URL | tama #- [ 編集 ]



tama さんコメント有り難う御座います。

観光地区では日本同様に香港から来たと思われる若い人たち
がグルメ雑誌を抱え有名な麺・粥店をまわる姿を、たくさん目にしました

マカオは公園も含め、ひと休みするための椅子など
施設が豊富で街歩きも苦になく楽しめました。


[2009/06/01 09:15] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/382-466d398b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY